ジャズピアニスト|堀智彦|piano

JAZZ

【ア】から始まるアーティスト
アーチ・シェップ
アート・オブ・ブレイキー
アート・テイタム
アート・ブレイキー
アート・ペッパー
アーニー・ヘンリー
アーバン・ナイツ
アール・クルー
アール・ハインズ
アイク・ケベック
アイラ・サリバン
アコースティック・アルケミー
US3(アススリー)
アデラ・ダルト
アニー・ロス
アニタ・オデイ
アル・ジャロウ
アル・ヘイグ
アルバート・アイラー
アンソニー・ウォンジー
アンディ・ナレル
アントニオ・カルロス・ジョビン
アンドレ・プレビン
JAZZ WORDS Q & A -【ア】
-- INDEX --
【ア】
哀愁   ア・カペラ   アーティキュレーション   アヴァンギャルド   アウト・テイク
アクセント   アグレッシヴ   アコースティック   アシッド・ジャズ   アドリブ
アナログ   アフター・アワーズ   アフター・ビート   アフロ・キューバン・ジャズ   アルコ
アルト・サックス   アルペジオ   アレンジ/アレンジメント   アンコール   アンサンブル
アンダーレイテッド   アンビエンス   アンブシュア   アウト   アプローチ   アーシー
※(注)本サイトに掲載されている全ての内容の無断転載、引用はご遠慮下さい。

類=類語   同=同義語   派=派生語   反=反対語   略=略語   cf=参考
例=例語   動=動詞形   関=関連語   異=同義異語   正=正語   通=通称

哀愁(あいしゅう=sadness)
もの悲しさ。もの悲しさ、ものさびしさを感じて心が沈む様子。あわれ。うれい。
ア・カペラ(a cappella)
無伴奏コーラス。声だけのハーモニーは、ジャズ・コーラス・グループの切り札とも思えるほど、美しいインパクトがある。
アーティキュレーション(articulation)
レガート、スタッカート、アクセント、装飾音など、個々の音の細かい演奏の仕方。同じメロディでも、一つ一つの音をどのように演奏するかによって聞いた印象はまるで変わる。ジャズマンが演奏するとどんな曲もジャズっぽく聞こえるのは、このアーティキュレーションのつけ方による面も多い。
アヴァンギャルド(avangarde)
同:前衛的
「前衛とは、伝統と意図的に濃度を異にする一群の個体がその流れに過渡的な小波瀾を惹き起し、そこでの力学的葛藤を円滑剤のようにして伝統をより強固な流れとして組織しなおし、自分をも包括し得る流れとともに生き延びようとするものにほかならない」(蓮實重彦)
アウト・テイク(out take)
録音されながらの採用されなかったトラック。別テイク、未完成テイクなども含む総称。
 <<= ページの先頭に戻る
 <<= Q&AのINDEXページに戻る
アクセント(accent)
ある音を他の音より強く発音すること。アクセントには音楽本来が持つもの(通常は小節の第1拍目)とシンコペーションなどによって臨時的に作られるものがある。
アグレッシヴ(aggressive)
攻勢の、侵略的なという意味。プログレッシヴが結果としての新しさや複雑さのことを指すのに対し、アグレッシヴは、新しいものに向かって進んで行くという行為あるいはプロセスのことを指す。
アコースティック/エレクトリック(acoustic/electric)
正:アクースティック
略:a-
電気的な処理がされているか否かを、ごく大雑把にあらわす言葉。普通のピアノをアコースティック・ピアノ(略して「アコピ」)と呼んだりする。単にアンプを通すだけではエレクトリックとは呼ばず、ピックアップを付けてもウッド・ベースはアコースティックと呼ぶ。
アシッド・ジャズ(Acid Jazz)
80年代後半、ソウル・ミュージックの影響を受け、ジャズの香りを漂わせたイギリス生まれの新しい感覚のダンス・ミュージック。クラブを発信基地に「ジャズで踊れる」がキー・ワードとなった。
アドリブ(ad lib)
類:フェイク/くずす
語源はラテン語のad libitum(自由に)。広義には譜面と異なる演奏すべてを指す。メロディなどを原曲がわかる程度に変えて演奏することをフェイク(くずす)という。狭義には、即興によるソロ部分を指す。ただし、ソロにはいわゆる「書き譜」もある。
 <<= ページの先頭に戻る
 <<= Q&AのINDEXページに戻る
アナログ(analog)
電気的には連続して変化する「量」の概念をさすが、ジャズの世界では狭義でLPレコードをさす。
アフター・アワーズ(after hours)
ジャズ・クラブなどでの仕事を終えたミュージシャンが、出演料に関係なく仲間の楽しみのために演奏すること。通常深夜から早朝にかけて行われる。1920年代中期から40年代までには特に盛んに行われた。ちなみに現在リー・コニッツ、デヴィッド・ヘイゼルタインなどのアルバム・シリーズ「アフター・アワーズ」がリリースされている。
アフター・ビート(after beat)
小節内の偶数拍もしくは、弱拍の意味。例えば4拍子の1,2,3,4のうち、2,4の拍がアフター・ビート。オーソドックスな4ビート・ジャズはこのアフター・ビートにアクセントを置くのが特徴。オフ・ビートともいう。
アフロ・キューバン・ジャズ(Afro Cuban Jazz)
ジャズとキューバン・リズムの融合。ディジー・ガレスピーはパイオニア。
アルコ(arco)
ウッド・ベースの弓弾き。きかせどころであると同時に音程の甘さを露呈する危険性がある。
 <<= ページの先頭に戻る
 <<= Q&AのINDEXページに戻る
アルト・サックス(Alto Saxophone)
通:アルト
略:as
サキソフォン族の一つ。テナーと並び最もポピュラーなサックスであり、ジャズはもちろん、クラシックでも独奏曲、協奏曲、管弦楽曲など、最も多く使用される。1841年、アドルフ・サックスによって発明された。基音はEb。
アルペジオ(arpeggio)
分散和音。もしくはそれを使った奏法のこと。和音を構成する音を同時にではなく、1音1音順次かつ連続的に演奏する。
アレンジ/アレンジメント(arrange/arrangement)
同:編曲
派:アレンジメント/アレンジャー
略:arr.
編曲、または編曲家。ジャズでは多くの場合、ピアニストやホーン・プレイヤーが編曲も担当するので、専業の編曲家は稀。だが往々にして優れた編曲家は、優れたプレイヤーではないことが多い。
作曲された最低限のメロディ(とコード)に対して、リズムや楽器編成、楽曲構造などを付け加える、あるいは改編する作業。一般にはアレンジと略される。日本語では「編曲」。作曲者がアレンジを兼ねる場合と、選任のアレンジ担当者(アレンジャー)を置く場合がある。ジャズの分野ではギル・エバンスが名アレンジャーとして有名。
アンコール(encore)
元来は「さらに、もう一度」の意味、ライブでミュージシャンが聴衆の拍手に応えて追加演奏すること。
アンサンブル(ensemble)
合奏。複数の奏者が同時に演奏して、一人では出せないサウンドを出すこと。だが最近では、多重録音によって、自分自身と合奏することも可能である。
 <<= ページの先頭に戻る
 <<= Q&AのINDEXページに戻る
アンダーレイテッド(underrated)
過小評価の。反対語はオーバーレイテッド。
アンビエンス(ambience)
「周囲、囲まれた」の意味から転じて、音響の分野では音場感、臨場感など音の広がりを意味する。またライブの場合、演奏会場(ホール)の響き、雰囲気を指す。
アンブシュア(embouchure)
管楽器のくわえ方。音色を大きく左右する。
アウト(out)
<=>イン
内側と外側。[類]イン・チャート/アウト・チャート:調性の範囲内にある音/はずれた音。スケール・アウト:あるコードに対し、最もふさわしいと考えられるスケールの音を使わずに、違うスケール、あるいは全く無調的な音列へと逸脱すること。
アプローチ(approach)
=切り口
類:手法/観点
道、入口、手引きなどの意味から、「音楽における視点」という意味で用いられる。このことをまた「切り口」ともいう。ミュージシャンよりもむしろライター/エディター用語である。
アーシー/ダウン・トゥ・アース(earthy/down to earth)
類:ファンキー、ソウルフル
@土着的。黒人の体質を示す形容詞。A世俗的でダーティーなこと。Bソウルフルやファンキーに近いニュアンスを持つ言葉で、黒人らしいスタイルを示す。
 <<= ページの先頭に戻る
 <<= Q&AのINDEXページに戻る
Copyright(c) since 2003 HORIzon Official Website All Rights Reserved. Designed & Managed By EK
本サイトに掲載されている画像・文章など、全ての内容の無断転載、引用を禁止します。
HOME | Profile | Portrait | Schedule | PhotoGallery | Q&A | BBS | サイトマップ | Blog | Link