ジャズピアニスト|堀智彦|piano

JAZZ

【ハ】から始まるアーティスト
バーニー・ケッセル
ハービー・ニコルズ
ハービー・ハンコック
ハービー・メイソン
ハービー・マン
ハーブ・アルバート
パコ・デ・ルシア
パジー・フェイトン
パット・メセニー
バディ・デフランコ
バディ・ボールデン
バド・シャンク
バド・パウエル
ハリー・アレン
ハリー・コニックjr
ハワード・マギー
ハワード・ラムゼイ
ハワード・ロバーツ
ハンク・クロフォード
ハンク・モブレー
ハンプトン・ホウズ
JAZZ WORDS Q & A -【ハ】
-- INDEX --
※(注)本サイトに掲載されている全ての内容の無断転載、引用はご遠慮下さい。
【ハ】
パーカッション   バークリー   バーサタイル   バージョン   パーソネル   バーチュオーゾ
バーチュオシティ   バード   バードランド   ハード・バップ   ハード・バップ・リバイバル
ハーフ・ヴァルヴ   ハーフ・タイム   ハーモナイズ   ハーモニクス   ハーモロディック
倍音   ハイ・ノート   ハーモニー   ハイブリッド   パウエル派   ハウス・バンド
ハウス・ミュージシャン   バス・クラリネット   バック   バッキング   バトル   ハシる
ハネる   バラード   バラッド   バリトン・サックス
※(注)本サイトに掲載されている全ての内容の無断転載、引用はご遠慮下さい。

類=類語   同=同義語   派=派生語   反=反対語   略=略語   cf=参考
例=例語   動=動詞形   関=関連語   異=同義異語   正=正語   通=通称

パーカッション(percussion)
略:perc
奏者の手足やスティックなどで叩く、打合わせる、振る、こすることなどによって音を出す楽器の総称。ただし一般的にはコンガ、ティンバルスなど、ドラム・セット以外の打楽器を指すことが多い。
バークリー(Barkley)
BERKLEE SCHOOL OF MUSIC。マサチューセッツ州ボストンにある音楽専門学校。バークレー。バークリー音楽院。かつてはアメリカでも唯一ジャズ専門コースを持っていた音楽学校だった。
バーサタイル(versatile)
多芸多才な。
バージョン(version)
楽曲や音源のアレンジやミックスを変えたりリメイク版を制作する場合、その一つ一つを指すのに使われる用語。
パーソネル(personnel)
類:メンバー
異:パーソナル
バンド、グループ、オーケストラの全メンバー、構成員、その集団に属する人。レコード会社の専属契約などの関係で、偽名を使う場合もある。『ジャズ・アット・マッセイ・ホール』のチャーリー・チャン(実はチャーリー・パーカー)などはその代表的な例。
 <<= ページの先頭に戻る
 <<= Q&AのINDEXページに戻る
バーチュオーゾ(virtuoso)
卓越した技量を持つ演奏家。巨匠。名人。
バーチュオシティ(virtuosity)
ミュージシャンの妙技。名人芸。
バード/チャーリー・パーカー(Bird/Charlie Parker)
いまもジャズ・メンたちに多大な影響を与え続けるアルト・サックスの巨人であり、ビ・バップの創始者の一人。チャーリー・パーカーの愛称。”バード”の由来としては、鶏肉が好きで鶏ばかり食べていたからという説、”Charlie”が変化して”Bird”となったという説などがある。1955年3月12日ニカ夫人のアパートで「ドーシー・ブラザーズ・ショウ」を観ている最中、笑った拍子に咳き込みこの世を
バードランド(Birdland)
関:Lulu-bye of Birdland
ニューヨークはマンハッタン52丁目のブロードウェイ1678番地に、49年チャーリー・パーカーのニックネーム「バード」にあやかってオープンしたジャズ・クラブ。50年代には全盛を誇ったが、65年の春惜しくも閉店した。
ハード・バップ(hard bop)
派:ハード・バッパー
ビ・バップの発展形。50年代になってから、ハーモニーの充実や黒人の持つバイタリティを加えたスタイル。
 <<= ページの先頭に戻る
 <<= Q&AのINDEXページに戻る
ハード・バップ・リバイバル(hard bop reival)
ハード・バップ全盛の50年代に活躍したミュージシャンが70年代に復帰し、続々とリーダー作を発表。4ビート・ジャズの復権を推進した一連のムーブメントのこと。
ハーフ・ヴァルヴ(half valve)
トランペットなどの金管楽器で、ヴァルヴを中途半端に押して音を出す奏法。不安定な音が出る。
ハーフ・タイム(half time)
半分の速さ、つまりそれまでの二拍分を一拍にとって、ゆっくりと演奏する。
ハーモナイズ(hermonize)
和声づけ。あるメロディにハーモニーをつけること。すでにあるハーモニー(もしくはハーモニー進行)を新たに再構成することを、リハーモナイズという。ビル・エバンスはスタンダード・ナンバーを見事なリハーモナイズをほどこして演奏した。
ハーモニクス(harmonics)
倍音のことだが、ギターなどで弦の途中を軽くおさせて高い倍音を出す奏法をさすことが多い。
 <<= ページの先頭に戻る
 <<= Q&AのINDEXページに戻る
ハーモロディック(harmolodic)
オーネット・コールマンが提唱する画期的な音楽理論。簡単に言えば、バンド・メンバーがソロとバッキングを同時に演奏する、というもの。オーネット・バンド出身のジェームス・ブラッド・ウルマーやロナルド・シャノン・ジャクソンらがこのメソッドを継承/発展させている。
倍音(harmonic overtone)
基音の振動数に対して、整数倍の振動数を持つ上音。この倍音の存在が楽器の音色を決定する。特に弦楽器は倍音を出しやすく、それを強調した奏法を「ハーモニクス奏法」という。ジャコ・パストリアスの「トレイシーの肖像」は全編がハーモニクス奏法で演奏される。
ハイ・ノート(high note)
ハイ・ノートは主にトランペットの高音域の演奏。ミュートは音色に変化を与えるための弱音器のこと。マイルス・デイヴィスのハーマンが最も有名だ。最近のウィントン・マルサリスのプランジャーの多用も注目に値する。彼が日ごろいうエリントンへの尊敬の表れだろう。
ハーモニー(harmony)
動:ハーモナイズ/ハモる/ユニゾる
ハーモニーは和音、すなわち、高さの異なる音が同時に鳴ること。ユニゾンは、斉奏、すなわち、複数の楽器が、同じ、又は何オクターヴかずれた同じ音名の音を奏すること。
ハイブリッド(hybrid)
「雑種・混血」から転じて、異なるジャンスを取り入れたサウンドを指す。
 <<= ページの先頭に戻る
 <<= Q&AのINDEXページに戻る
パウエル派(powell)
バド・パウエルの影響を受けて50年代に登場したピアニストの一群。ウイントン・ケリー、トミー・フラナガン、ケニー・ドリュー、クロード・ウィリアムソン、ソニー・クラークらを指す。
ハウス・バンド(keyword)
ライブ・ハウスのレギュラーバンド。レコード・レーベルの専属バンドのこともいう。ブルーノートのアート・ブレイキー・バンドは有名。
ハウス・ミュージシャン(house musician)
特定のジャズ・クラブ(=ハウス)の専属演奏者。様々な主役級のジャズメンをサポートする役割を担うことから、確かな実力者が努めるのが通例。
バス・クラリネット(bass-clarinet)
略:b-cl
通:バス・クラ
通常のクラリネットより1オクターブ低い楽器でキーはBb。クラリネット同様、音域によって多彩な音色を持ち、特に中音域以下はファゴットよりも太い、力強い音を発する。
バック/バッキング(back/backing)
反:ソロ/ソロイスト
ソロイストに対してピアノやリズム楽器(ベース、ドラム)による和声的・リズム的土台の事をいう。伴奏とも意味が近いが、こちらは英語ではアカンパニメント(accompaniment)である。
バッキング/バック(backing/back)
反:ソロ/ソロイスト
ソロイストに対してピアノやリズム楽器(ベース、ドラム)による和声的・リズム的土台の事をいう。伴奏とも意味が近いが、こちらは英語ではアカンパニメント(accompaniment)である。
 <<= ページの先頭に戻る
 <<= Q&AのINDEXページに戻る
バトル/チェイス(battle/chase)
バトルは、ライブなどで複数のミュージシャンが即興的なフレーズを交互に出し合うこと。チェイスはこの中でも4小節(フォー・バース)、8小節(エイト・バース)など、特定の小節を交互にアドリブすることをいう場合が多い。
ハシる
演奏中、テンポがどんどん速くなること。通常はあってはならないことだが、演奏の高揚に伴いメンバー全員が一緒にハシることはよくある。逆にテンポがどんどん遅くなることを「モタる」という。
ハネる
連続する8分音符が付点音符のように「タッカ・タッカ」と演奏されること。ジャズ演奏の初心者が陥りやすい。しかし意識的にハネたノリを強調し個性としているミュージシャンもいる。
バラード/バラッド(ballad)
ゆったりとしたテンポによる叙情的なスタイルの演奏。一般的にいってバラードは感情をこめて演奏されることが多く、演奏者の唄心を知るのに最もふさらしい形態。
バラッド/バラード(ballad)
ゆったりとしたテンポによる叙情的なスタイルの演奏。一般的にいってバラードは感情をこめて演奏されることが多く、演奏者の唄心を知るのに最もふさらしい形態。
バリトン・サックス(baritone saxophone)
通:バリトン/バリサク
テナーより、五度、アルトより1オクターブ低いサックス。いわゆるEb管で、アルト用の譜面をそのまま吹けば1オクターブ下の音がする。
 <<= ページの先頭に戻る
 <<= Q&AのINDEXページに戻る
Copyright(c) since 2003 HORIzon Official Website All Rights Reserved. Designed & Managed By EK
本サイトに掲載されている画像・文章など、全ての内容の無断転載、引用を禁止します。
HOME | Profile | Portrait | Schedule | PhotoGallery | Q&A | BBS | サイトマップ | Blog | Link