ジャズピアニスト|堀智彦|piano

JAZZ

【フ】から始まるアーティスト
ファッツ・ウォーラー
ファッツ・ナバロ
V.S.O.P
フィニアス・ニューボーンjr
フィリー・ジョー・ジョーンズ
フォア・フレッシュメン
フォープレイ
ブラッド・スウェット&
   ティアーズ
ブラッド・メルドー
フランク・シナトラ
フランク・ロソリーノ
ブランフォード・マルサリス
ブレッカー・ブラザーズ
フレッチャー・ヘンダーソン
フレッド・アステア
フレディ・ハバード
フレディ・ラベル
フレディ・ローチ
JAZZ WORDS Q & A -【フ】
-- INDEX --
※(注)本サイトに掲載されている全ての内容の無断転載、引用はご遠慮下さい。
【フ】
ファースト・コール   ファースト・レコーディング   ファンキー・ジャズ   ファンク
ファンタスティック   フィーチャー   フィル・イン   フェイク   フォース・インターバル・ビルド
4ビート   フォーマット   ブギ・ウギ   フック   ブックレット   ブートレグ   フュージョン
フューチャー・ジャズ   譜面   ブラウニー   フラジオレット   ブラック・ミュージック
ブラッシュ   フラット   フリー・ジャズ   フリーキー   フリーキー・ノート   ブリッジ
フリューゲル・ホーン   フルート   フレイヴァー   ブレイク   フレーズ   フレキシブル
プレスティッジ   フレッシュ   ブラインド・フォールド・テスト   ブラス・セクション
ブラック・コンテンポラリー   ブラック・ファンク   ブルー・ノート   ブルー・ノート・スケール
ブルージー   ブルース   ブロウ   プログレッシブ・ジャズ   ブロック・コード   フロント
分散コード
※(注)本サイトに掲載されている全ての内容の無断転載、引用はご遠慮下さい。

類=類語   同=同義語   派=派生語   反=反対語   略=略語   cf=参考
例=例語   動=動詞形   関=関連語   異=同義異語   正=正語   通=通称

ファースト・コール(first call)
「真っ先に声がかかる」の意で、スタジオ・レコーディングでよく起用される売れっ子サイドメン、特にフュージョン系スタジオ・ミュージシャンに対する総称。
ファースト・レコーディング/ラスト・レコーディング(first recording/last recording)
類:デビュー/メモリアル・アルバム
一般には初めての録音をファースト・レコーディング、最後の録音(死亡にしろ引退にしろ)をラスト・レコーディングと呼ぶ。いわゆる処女作、遺作である。特にリーダー・アルバムに関していう場合もある。
ファンク/ブラック・ミュージック(funk/black music)
黒人音楽。そのルーツは深くアフリカ音楽へと連なる。アメリカでこのアフリカ音楽が発達したのは西アフリカからアメリカへ大量の黒人が奴隷として移住したことによる。この結果いわゆるアフロ・アメリカン音楽文化が開花したのである。
ファンキー・ジャズ/ソウル・ジャズ(funky jazz/soul jazz)
ファンキーの語源は黒人の体臭を指すスラング。ファンキー・ジャズは、50年代中頃のハード・バッパーたちの演奏にあらわれていたアーシー、ブルージー、ソウルフルなフィーリングが、50年代後期にスタイルとして流行したもの。
ファンタスティック(fantastic)
異:ミリンダ
「素晴らしい」以外に特にニュアンスはないが、あるような錯覚を狙って使われる。なお、ジャズの演奏の素晴らしさを褒めるのに、日本では拍手、指笛、オーイェイなどが一般的で、”サウンズ・グッド”とか”ファンタスティック”と気軽に声をかけ、飲み物をおごるところまではいっていない。
フィーチャー(feature)
ある特定のプレイヤー、あるいは楽器にスポットを当てた演奏形態のこと。4本のテナーをフィーチャーしたウディ・ハーマンの「フォー・ブラザーズ」が有名。アルバムで、リーダー以外のプレイヤーが参加する場合、「フィーチャリング・〜」と表示されることもある。
 <<= ページの先頭に戻る
 <<= Q&AのINDEXページに戻る
フィル・イン/おかず(fill in)
直訳すると「挿入する」とか「埋める」「書き入れる」といった意味。ジャズでは助奏することを示す。つまりソロ演奏者の手助け。ドラマーやピアインストが隙間を埋めるような演奏を指すことが多い。省略して「フィル」。
フェイク(fake)
くずす。原曲のメロディがわかる程度に変えて演奏すること。テーマを演奏する場合でも、作曲された楽譜通りということはまずなく、多少のフェイクは必ず加えられている。
フォース・インターバル・ビルド(4th interval build)
完全4度の音程を主体とした和音。不協和音低が多く含まれるため、通常よりもサウンドに緊張感が増す。マッコイ・タイナーが多用する。
4ビート/2ビート(four-beat/two-beat)
異:2拍子/4拍子
どちらも、4拍子を基本としており、2ビートは、1小節の1、3拍目、4ビートは、1、2、3、および4拍目にベースのアクセントがある。ドラムのビートはどちらも2および4拍目に置かれる。
フォーマット(format)
「形態」から転じて「編成」を意味する。「様々なフォーマット」と言えば、ピアノ・トリオ・サックス入りのカルテットなど、複数の楽器編成を指す。
 <<= ページの先頭に戻る
 <<= Q&AのINDEXページに戻る
ブギ・ウギ(boogie woogie)
1920年代後半に、黒人ピアニストたちによって作られたもので、ピアノによるブルース演奏形式の一つである。
フック(hook)
直訳的にはリスナーの興味や購入意欲を喚起するような「引っ掛け」のこと。主としてアルバム中の代表曲におけるキャッチーなメロディやフレーズなどを指す。
ブックレット(booklet)
音楽ソフトに封入されている、データ、解説や写真を収めた小冊子。二つ折り程度の簡単なものはリーフレットとも呼ぶ。
ブートレグ(bootleg)
「密造」の意から不法に制作された海賊版を指す。主にコンサート会場での隠し撮りや、TV/ラジオからのエア・チェックが音源。LP時代には音質、ジャケット共に粗悪なものが多かったが、近年正規盤と遜色のない音質のCDも登場している。
フュージョン/クロスオーヴァー(fusion/crossover)
「フュージョン」は融合、融解の意味。ちなみにfusion bombは水素爆弾のことである。「クロスオーヴァー」は上を横切るということ(ほとんど造語)。ともに70年代に生まれたポピュラー音楽の一ジャンルである。
 <<= ページの先頭に戻る
 <<= Q&AのINDEXページに戻る
フューチャー・ジャズ(Future Jazz)
ハード・バップやフリー・ジャズのように明確なスタイルとしてあるのではない。その名称が使われるようになったのは90年代の後半、ノリとしてはヒップホップ・ジャズ以降の先鋭的なポップ側の音楽語彙を効果的に用いたジャズ表現を示す言葉とhして使われていた。ヒップ・ホップ以降のトリップ・ホップやドラムン・ベースなど、新しいクラブ音楽の要素を取り入れたジャズ表現。
譜面(music chart)
類:楽譜/音符、おたまじゃくし
楽譜のこと。メンフともいう。アンソニー・ブラクストンのような人を除いて大体は五線紙に書いてある。英語ではmusicだが、「メンフ」みたいな感じで、chartといったりもする。
ブラウニー/クリフォード・ブラウン(Brownie/Clifford Brown)
1930年10月30日生まれ。現在のジャズ・トランペットのスタイルを築き上げた巨人の一人。次から次へと出てくるコード分解フレーズは、困難なキーによる演奏だということを感じさせない。ダイナ・ワシントン、サラ・ヴォーン、ヘレン・メリルとも共演した。
フラジオレット(flageolet)
ハーモニクス奏法による音のこと。クラシックでは弦楽器に用いられることが多いが、ジャズではサックスで使用される。デビッド・サンボーン、マイケル・ブレッカー以後、特にフュージョン系サックスでは一般的な奏法となった。
ブラック・ミュージック/ファンク(black music/funk)
黒人音楽。そのルーツは深くアフリカ音楽へと連なる。アメリカでこのアフリカ音楽が発達したのは西アフリカからアメリカへ大量の黒人が奴隷として移住したことによる。この結果いわゆるアフロ・アメリカン音楽文化が開花したのである。
 <<= ページの先頭に戻る
 <<= Q&AのINDEXページに戻る
ブラッシュ/シンバル・レガート(brush/simbal legato)
ブラッシュ(ブラシ・ブラッシュ)は弱音を要求する時に必要なドラムスを叩く道具のひとつ。シンバル・レガートはシンバルを音の区切れなくなめらかに叩くこと。
フラット(flat)
@音を半音下げること。記号はb。Aヴォーカルで音が下がり気味になること。森進一のように上がり気味でも「シャープする」とは言わない。
フリー・ジャズ(free jazz)
オーネット・コールマンの衝撃的なデビューによって口火が切られた、1960年代のフリー・ジャズ。それまでの調性という考え方を排除してより自由な即興プレイの可能性を追い求めたのがこの時代のフリー・ジャズだった。
フリーキー(freeky)
「自由で、フリー・ジャズ的な」。主にサックス奏者がトリッキーな吹奏をするさまに対する形容句。
フリーキー・ノート(freaky note)
サキソフォンでいえばまるでリード・ミスに聞えるような意外性のあるサウンドのこと。サックス奏者でもフリーキー・ノートを多用する人と、全く使用しないプレイヤーがいるが、運指本来のサウンドとそれ以外の音を差別しないのがジャズの良いところだ。
ブリッジ/サビ(bridge)
関:A A B A
サビ。起承転結の「転」の部分。当然、それ以外の部分とは、メロディもコード進行も、そして多くの場合、調も変わる。一回転調したのを、ブリッジの終わりまでにどうやってもとの調に自然に戻すか、がメロディ・ライターの腕の見せ所でもある。
 <<= ページの先頭に戻る
 <<= Q&AのINDEXページに戻る
フリューゲル・ホーン/コルネット(flugelhorn/cornet)
略:cor/flh
異:frh:フランチ・ホルン
トランペットと同じく3本のヴァルヴを持つ。音色的にはコルネットはや柔らかめ、フリューゲル・ホーンは柔らかいが少しぼうようとしたトーンを持つ。運指はすべてトランペットと同じ。トランペット奏者が大きな楽器ケースを持つのは、大体フリューゲルを持っている時。
フルート(flute)
略:fl
派:フルーティスト
木管楽器の一つ。現在のようなベーム式のフルートが登場したのは19世紀に入ってから。最もポピュラーなCフルートの他にアルト、バス、コントラバス、ピッコロがある。音色は音域によって多彩なカラーを持ち、機能性にも秀れ、ジャンルを問わず幅広く使用されている。
フレイヴァー(Flavor/Flavour)
フレイヴァーもテイストも味、風味、趣、風情などを表す語。ジャズにおいては、音楽の持つ印象を表現するために用いられる。ただしジャズ・ミュージシャン自身は、けっして使わない言葉でもある。せいぜい「グッド・テイスト!」と声をかけるぐらいだろう。ジャズ周辺用語だ。
ブレイク(break)
派:ソロ・ブレイク
メロディやリズムの動きを一時的に停止した空白部分を指す。この空白部分はあるパートのアドリブ・ソロによって埋められることもあり、これをソロ・ブレイクという。
フレーズ(phrase)
派:フレージング
類:パッセージ
即興演奏を構成する音のつらなりの断片。ジャズ・ミュージシャンは長いキャリアの間に、自分の独創的なフレーズ群を持つにいたる。それら蓄えられたフレーズをストック・フレーズと呼ぶ。また、よく知られた曲の一切などを引用フレーズとして使うこともある。
 <<= ページの先頭に戻る
 <<= Q&AのINDEXページに戻る
フレキシブル(flexible)
派:フレキシビリティ
さまざまなタイプの音楽に対応できること。例えばアコースティック、エレクトリック、スタンダードから16ビート・ファンクまですべてを抜群の完成度で弾きこなすハービー・ハンコック。なお、演奏の変化にとっさに対応するフレキシビリティはジャズマンの必須条件。
プレスティッジ(prestige)
ブルーノートと並んで、モダン・ジャズの宝庫でもある名門レーベルのひとつ。歴史的名盤も多い。
フレッシュ(flesh)
同:新鮮な/若い/青い
反:円熟の
新しい、新鮮な、元気の良い、若々しい、さわやかな、新たな、経験のない、塩気のない。厚かましい、生意気な、という意味もある。
ブラインド・フォールド・テスト(blind fold test)
ブラインド・フォールド・テスト(目隠しテスト)。略してブラインドともいう。レコードをかけて、聴き手に演奏者をあてさせたり、忌諱のない意見を伺うといった主旨のテスト(お遊び)である。
ブラス・セクション(brass section)
オーケストラ、ビッグ・バンドにおける金管楽器群。トランペット、トロンボーン、ホルン、チューバで構成される。
ブラック・コンテンポラリー(black contemporary)
通:ブラコン
黒人による現代的な音楽の意。伝統的なブルースやR&B、ジャズだけではなく、フュージョンやAOR(アダルト・オリエンテッド・ロック)などの要素もうまく取り入れた新しい感覚の黒人音楽。通称ブラコン。
 <<= ページの先頭に戻る
 <<= Q&AのINDEXページに戻る
ブラック・ファンク(black funk)
73年にハービー・ハンコックがレコーディングした「ヘッド・ハンターズ」はシンセサイザーを導入し、ソウル・ミュージックを取り入れ、リズムと黒人らしさを時代に適応させた形で前面に打ち出した。黒人によるフュージョン・ミュージックの礎を築いたハンコックが巻き起こしたムーブメント。
ブルー・ノート(blue note)
1939年にドイツ人、アルフレッド・ライオンが設立したジャズ最大のレーベル。最近ではジャズ・クラブ名、ジャズ・フェスティバルでもおなじみの名称。
ブルー・ノート・スケール(keyword)
ブルースに用いられる特殊な音階(ド・レ・ミb・ミ・ファ・ファ#・ソ・ラ・シb)のうちミb、ファ#、シbの3つの音のこと。
ブルージー(bluesy)
音楽以外のものに使われる場合は「大人っぽい」「都会的」「多少アウト・ロー」「アメリカ」といったニュアンスを感じさせ、間違いなくほめ言葉である。音楽そのものにこれほど曖昧な言葉を使うのはあまりに無責任であろう。
ブルース(blues)
派:ブルージー
19世紀中ごろ、アメリカ南部の黒人たちによって歌われ始めた音楽。後のジャズ、ポップス、ロックの音楽的基盤を築いた。歌詞は苦悩や絶望を歌ったもので、メロディは即興的だったが、やがて3行形式、12小節というスタイルが一般的になった。
 <<= ページの先頭に戻る
 <<= Q&AのINDEXページに戻る
ブロウ(blow)
吹奏する、管楽器が鳴る、音が鳴り響く、ジャズを演奏するの意。また、ノリにノッた熱いプレイをすることをブロウするともいう。
プログレッシブ・ジャズ(Progressive Jazz)
40年代のはじめ、スタン・ケントンが率いたバンドはいかにも白人的な手法を使って、ビッグ・バンド・ジャズにひとつの変革をもたらした斬新なオーケストラ・ジャズ。「アーティストリー・イン・リズム」によって提示された大胆な編曲の手法は、その後ますます拡大されてゆき、47年頃にはプログレッシブ・ジャズと呼ばれた、斬新なスタイルへと発展をとげてゆく。
ブロック・コード(block chord)
関:locked hands
メロディの下に、密集位置の4声の和音をつけ、さらにメロディの1オクターブ下の音を加えて、ハーモナイズするピアノ奏法。同義語:ロックト・ハンド奏法。ジョージ・シアリング奏法。類疑語:クローズ4ウェイ・ヴォイシング、シックンド・ライン・ヴォイシング。
フロント/リズム・セクション(front/trhythm section)
例:3管フロント
関:フォー・リズム
バンドの?前面に並び、主にメロディ演奏を担当するホーン奏者。ピアノ、ベース、ドラムを中心とするリズム・セクションは、主にリズムを担当する。もちろんジャズにおいては双方の役割は複雑に入れかわることも常識である。相互作用が重要。
分散コード(arpeggio)
G/C、Em/Dのように表記されるコード。左手と右手で別々のコードを弾く。なお、「Cコードでベース音はG(ConG)」の意味でC/Gとかかれることもある。
 <<= ページの先頭に戻る
 <<= Q&AのINDEXページに戻る
Copyright(c) since 2003 HORIzon Official Website All Rights Reserved. Designed & Managed By EK
本サイトに掲載されている画像・文章など、全ての内容の無断転載、引用を禁止します。
HOME | Profile | Portrait | Schedule | PhotoGallery | Q&A | BBS | サイトマップ | Blog | Link