ジャズピアニスト|堀智彦|piano

JAZZ

【カ】から始まるアーティスト
カイ・ウィンディング
カーティス・カウンス
カーティス・フラー
カーメン・マクレエ
カーメン・ランディ
カール・パーキンス
カウント・ベイシー
カエターノ・ベローゾ
カサンドラ・ウィルソン
ガット・ギャング
カティア・ラベック
ガトー・バルビエリ
ガブリエル・グッドマン
カルロス・サンタナ
ガンザー・シュラー
JAZZ WORDS Q & A -【カ】
-- INDEX --
※(注)本サイトに掲載されている全ての内容の無断転載、引用はご遠慮下さい。
【カ】
海賊盤   カウンター・メロディ   カウント   格調の高い   カデンツァ   カリプソ   カルテット
カンサス・シティ・ジャズ   冠トリオ
※(注)本サイトに掲載されている全ての内容の無断転載、引用はご遠慮下さい。

類=類語   同=同義語   派=派生語   反=反対語   略=略語   cf=参考
例=例語   動=動詞形   関=関連語   異=同義異語   正=正語   通=通称

海賊盤/オリジナル盤(illegal issue/original issue)
オリジナル盤=最初にプレスされたレコード。海賊盤=正式な手続きを得ることなく世に出されたレコード。隠し録音など。ブートレグ、パイレート。
カウンター・メロディ(counter melody)
主旋律を引き立たせるために演奏される対旋律。オブリガードとほぼ同義語だが、メロディックな要素の少ない、より単純な音形やフレーズをカウンター・メロディと呼ぶことが多い。
カウント(count)
@曲の前に主なテンポを合わせるために出される合図。通常2小節分。ワーン・トゥー・ワン・トゥ・スリー・フォー。ロック系では、ドラマーがスティックを叩いて合図をすることが多い。A伯爵のこと。公爵(デューク)に対応して愛称として、ベイシーはこう呼ばれた。演奏のスタート時にその曲のテンポを示すこと。声、指、ドラマーがスティックを打ち合わせるなど、様々な方法がある。マイルスの(If I were a bell)ではマイルスの指パッッチン・カウントが聴かれる。
格調の高い(refined)
音楽に風格(品位や味わい)があり、調子のよいこと。リヴィング・ルームでブランデー片手の読書のBGMにはよいが、バーボンをあおりながらノリまくるにはもの足りない、という恐れがある。
カデンツァ(cadenza)
元はクラシックの協奏曲で独奏楽器の見せ場として用意された無伴奏パート。ジャズでは主に曲のエンディング部分に奏される無伴奏ソロのことを指す。ジョン・コルトレーンの(I want to talk abou you)では壮絶なカデンツァを聴くことができる。また終止形(ケイデンス)の意味でこの語が使われることもある。
 <<= ページの先頭に戻る
 <<= Q&AのINDEXページに戻る
カリプソ(calypso)
トリニダードの黒人文化から生まれ、発達した歌。自分の日常生活や主張を風刺を込めて歌い上げるもの。ジャズではソニー・ロリンズの「セント・トーマス」が代表的な楽曲で、同曲と同じ曲調の楽曲に対する呼称でもある。
カルテット(quartet)
四重奏。通常はピアノ、ベース、ドラムスのトリオにホーンなどソロ楽器が一人加わる。
カンサス・シティ・ジャズ(Kansas City Jazz)
アメリカ中西部のカンサス・シティで独特のワイルドなスタイルをもつジャズ。カウント・ベイシー楽団は代表的。
冠トリオ(かんむりとりお)
70年代にハンク・ジョーンズの「ザ・グレイト・ジャズ・トリオ」が口火を切った、日本の企画・制作によるピアノ・トリオのこと。トミー・フラナガンの「マスター・トリオ」、シダー・ウォルトンの「オール・アメリカン・トリオ」「ザ・VIP・トリオ」から、現在活躍する「ヨーロピアン・ジャズ・トリオ」に至るまで、歴史は受け継がれている。
 <<= ページの先頭に戻る
 <<= Q&AのINDEXページに戻る
Copyright(c) since 2003 HORIzon Official Website All Rights Reserved. Designed & Managed By EK
本サイトに掲載されている画像・文章など、全ての内容の無断転載、引用を禁止します。
HOME | Profile | Portrait | Schedule | PhotoGallery | Q&A | BBS | サイトマップ | Blog | Link