ジャズピアニスト|堀智彦|piano

JAZZ

【コ】から始まるアーティスト
コートニー・パイン
コールマン・ホーキンス
コペンハーゲン・
   ジャズ・クインテット
JAZZ WORDS Q & A -【コ】
-- INDEX --
※(注)本サイトに掲載されている全ての内容の無断転載、引用はご遠慮下さい。
【コ】
ゴージャスな   コーダ   コード   コードプログレッション   コーニー   コーラス
コーラス・グループ   コール・アンド・レスポンス   孤高の   ゴスペル   個性的な   5度圏
コピー   コラボレーション   コルネット   コレクターズ・アイテム   コンセプト
コンパクト・ディスク   コンピング   コンボ
※(注)本サイトに掲載されている全ての内容の無断転載、引用はご遠慮下さい。

類=類語   同=同義語   派=派生語   反=反対語   略=略語   cf=参考
例=例語   動=動詞形   関=関連語   異=同義異語   正=正語   通=通称

ゴージャスな(gorgeous)
類:豪華な
ゴーカであること。ゴーカイであること。ゴーセイであること。
コーダ/イントロ(coda/intro.(introduction))
類:エンディング
イントロはイントロダクションintroductionの略で、ジャズ演奏の短い序奏部のこと。コーダは、イタリア語の「尾」に由来する語で曲の終わりに結尾として付される部分をいう。
コード(chord)
類:和音
和音(の種類)を表象する記号。コード・ネームともいう。表記法はC、C7、C9(#11,13)、Csus4(#9)、Cmaj(9,#11,13)、C7/D、等等。このように、後ろや上下にズラズラ並ぶのが最近のジャズ・コードの特徴。しかも、指定されたコードをそのままは弾かない。
コードプログレッション(chord progression)
コーニー(corney)
流行遅れな古臭い、趣味の悪い演奏を指す形容詞。
 <<= ページの先頭に戻る
 <<= Q&AのINDEXページに戻る
コーラス(chorus)
類:リフレイン
略:cho
楽曲構成上、テーマ(主題)を提示している部分。リフレインともいわれ、ヴァース(序奏)と区別される。コーラス部分は繰り返して演奏され、その回数に応じてワン・コーラス、ツー・コーラスなどと呼ばれる。
コーラス・グループ(chorus group)
関:ア・カペラ
合唱集団。ジャズに限らず、複数の歌手から構成された集団のことである。
コール・アンド・レスポンス(call and response)
楽器同士などが掛け合いで演奏すること。アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズ「モーニン」のテーマ部分がその典型。
孤高の(unique and great/one and only)
周囲の低俗な人々に対してただ一人超然として、高い理想を保つ様子。それゆえに周囲や世間に認められず、風愚な生涯をおくることが比較的多い。
ゴスペル(gospel)
類:negro spiritual
福音歌。1920年代中期にシカゴ・バプティスト教会から起こった黒人独特の賛美歌のこと。
 <<= ページの先頭に戻る
 <<= Q&AのINDEXページに戻る
個性的な(unique)
他の人と違った、その人特有の性質、正確が存在する様子。
5度圏(circle of 5th)
ある音から完全5度の音程で上下進行することによって生まれる循環図。たとえばCを基点として上行するとC→G→D→A→E→B→F#となり、下行するとC→F→Bb→Eb→Ab→Db→Gbになる。F#とGbは異名同音となるため、一回りする円ができあがる。この5度圏を把握しておくと調号の系列やドミナント・モーションなどの関連性が理解しやすい。
コピー(copy)
写す、模倣する、盗み見するという意味だが、音楽の場合は2番目の模倣するという意味合いが最も強い。コピーにも大きく分けて二つに分かれる。それは好奇心としてのよいコピーとものまねとしての悪いコピーである。
コラボレーション(collaboration)
共に働くこと。協力。共同研究。動詞はcollaborate。
コルネット/フリューゲル・ホーン(cornet/flugelhorn)
トランペットと同じく3本のヴァルヴを持つ。音色的にはコルネットはや柔らかめ、フリューゲル・ホーンは柔らかいが少しぼうようとしたトーンを持つ。運指はすべてトランペットと同じ。トランペット奏者が大きな楽器ケースを持つのは、大体フリューゲルを持っている時。
 <<= ページの先頭に戻る
 <<= Q&AのINDEXページに戻る
コレクターズ・アイテム(colletor's item)
レコード愛好家による蒐集の対象となるような価値持つアルバム。
コンセプト(concept)
類:アイディア
「概念」「意想」の直訳通りである。演奏者や作曲家などの構想・意図などを示す時に使われる言葉。あらゆる芸術において、コンセプトのないものはない。
コンパクト・ディスク(compact disc)
デジタル・オーディオ・ソフトのひとつ。PCM方式でデジタル化されたオーディオ信号を直径120ミリのプラスチック製の円盤の片面にピットの例として記録したもの。「CD」の呼称が一般的。
コンピング(comping)
伴奏。
コンボ(combo)
3人ないし10人くらいまでの小編成グループのことで、ビッグ・バンド、フル・バンドに対する編成サイズを表す呼称。Small combinationの略語であり、1930年代のビッグ・バンドからのピック・アップ・メンバーによる小編成のグループに対して使われて以来、レギュラーの小編成のグループをコンボというようになった。
 <<= ページの先頭に戻る
 <<= Q&AのINDEXページに戻る
Copyright(c) since 2003 HORIzon Official Website All Rights Reserved. Designed & Managed By EK
本サイトに掲載されている画像・文章など、全ての内容の無断転載、引用を禁止します。
HOME | Profile | Portrait | Schedule | PhotoGallery | Q&A | BBS | サイトマップ | Blog | Link