ジャズピアニスト|堀智彦|piano

JAZZ

【モ】から始まるアーティスト
モーリス・ペレス
モダン・ジャズ・カルテット
JAZZ WORDS Q & A -【モ】
-- INDEX --
※(注)本サイトに掲載されている全ての内容の無断転載、引用はご遠慮下さい。
【モ】
モード   モード・ジャズ   モダン・ジャズ   モチーフ   モノフォニー   モンキッシュ
モンタレー・ジャズ・フェスティバル   モントルー・ジャズ・フェスティバル
※(注)本サイトに掲載されている全ての内容の無断転載、引用はご遠慮下さい。

類=類語   同=同義語   派=派生語   反=反対語   略=略語   cf=参考
例=例語   動=動詞形   関=関連語   異=同義異語   正=正語   通=通称

モード(mode)
派:モーダル
「マイルストーンズ」や「カインド・オブ・ブルー」などのアルバムによって始まったといわれるモード・ジャズであるが、様々な演奏様式が共存する現代のジャズにあっては、これはモードだというよな象徴的演奏に出会うことは少ない。その意味では古い言葉といえよう。
モード・ジャズ(Mode Jazz)
1958年頃からマイルス。デイビスなどの手によって試みられるようになった、というのが一般的な説になっている。モダン・ジャズのオーソドックスな手法とされている、コードし進行に基づいたアドリブ・ソロ。マイルス以前にもジョージ・ラッセルなどの進歩的なミュージシャンらによって試みられていた。
モダン・ジャズ(modern jazz)
@フォー・ビートを基調とし、40年代後半から50年代末(せいぜい延ばしても60年代初頭)に流行したジャズの形態。A一般誌レベルでの「ジャズ一般」の総称。
モチーフ(motiv)
日本語では「動機」。音楽を発生させるための最小の単位で、旋律的なもの、和声的なもの、リズミックなものがある。本来はモチーフが発展しテーマになるが(たとえば「枯葉」の冒頭2小節がモチーフであり、そのモチーフが変化してテーマになっている)。「アドリブのモチーフ」としてテーマそのものがモチーフという言われ方をする場合もある。
モノフォニー(monophony)
「単一の」を意味するモノと「音」を意味するフォンの合成語。声部が一つしかない単旋律の音楽。
 <<= ページの先頭に戻る
 <<= Q&AのINDEXページに戻る
モンキッシュ(Monkish)
セロニアス・モンクのスタイルに似たピアノ奏法に対する形容語として使われる。
モンタレー・ジャズ・フェスティバル(Monterley Jazz Festival)
カリフォルニア州の南部にあって、サンフランシスコから車で南下すること約3時間、海辺からやや入った世界でも有数のリゾート・タウンである。ここで開催されるジャズ・フェスティバルはアメリカ西海岸を代表するものとして世界に知られている。
モントルー・ジャズ・フェスティバル(Montreux Jazz Festival)
レマン湖のほとりのリゾート地モントルーで毎年開催されるのがモントルー・ジャズ・フェスティバルである。環境がいいからというのでもないだろうが、ここでは毎年すばらしい演奏が行われ、多くのライブ・アルバムが制作されている。ビル・エヴァンスのものが有名だ。
 <<= ページの先頭に戻る
 <<= Q&AのINDEXページに戻る
Copyright(c) since 2003 HORIzon Official Website All Rights Reserved. Designed & Managed By EK
本サイトに掲載されている画像・文章など、全ての内容の無断転載、引用を禁止します。
HOME | Profile | Portrait | Schedule | PhotoGallery | Q&A | BBS | サイトマップ | Blog | Link