ジャズピアニスト|堀智彦|piano





JAZZ
JAZZ WORDS Q & A -【数字】
-- INDEX --
※(注)本サイトに掲載されている全ての内容の無断転載、引用はご遠慮下さい。
【数字】
1001(センイチ)   12音音楽   16ビート   2ビート   4ビート   5度圏   8ビート
※(注)本サイトに掲載されている全ての内容の無断転載、引用はご遠慮下さい。

類=類語   同=同義語   派=派生語   反=反対語   略=略語   cf=参考
例=例語   動=動詞形   関=関連語   異=同義異語   正=正語   通=通称

1001(センイチ)(1001)
スタンダード曲集で、ジャズメンの虎の巻ともいうべき本。一般には出回っていない。いまではスタンダード曲集をさす普通名詞化して、類似のモノが多く発売されているが、元祖をはじめとして1001曲収録してあるわけれはない。
12音音楽(dodecaphony)
アーノルド・シェーンベルクが確立した「12音技法」によって書かれた音楽。12音技法とは1オクターブ内にある12の音に同等の価値を与え、特定の調性を提示しない作曲法。西洋音楽における一大革命であり、ビバップ以降のジャズ・ミュージシャンも多大な影響を受けた。ビル・エバンスの「T.T.T」(トゥエルブ・トーン・チューン)はまさにこの技法を使って書かれたナンバー。
16ビート(sixteen beat)
関:ファンク
16ビート(sixteen beat、シックスティーンビート、じゅうろくびーと)とは、ドラム・ビートの態様の1つで、4分の4拍子で16分音符を基本単位としたビート。2拍目と4拍目にアクセントをおくバックビートのスタイルを持つ。ジャズとロックが融合して生まれたとされる。フュージョンのスタイル。ベースとなる音の数が多いので、ドラムスの演奏では難易度は高い。
2ビート/4ビート(two-beat)
異:2拍子/4拍子
どちらも、4拍子を基本としており、2ビートは、1小節の1、3拍目、4ビートは、1、2、3、および4拍目にベースのアクセントがある。ドラムのビートはどちらも2および4拍目に置かれる。
4ビート/2ビート(four-beat)
異:2拍子/4拍子
どちらも、4拍子を基本としており、2ビートは、1小節の1、3拍目、4ビートは、1、2、3、および4拍目にベースのアクセントがある。ドラムのビートはどちらも2および4拍目に置かれる。
 <<= ページの先頭に戻る
 <<= Q&AのINDEXページに戻る
5度圏(ごどけん)(circle of 5th)
ある音から完全5度の音程で上下進行することによって生まれる循環図。たとえばCを基点として上行するとC→G→D→A→E→B→F#となり、下行するとC→F→Bb→Eb→Ab→Db→Gbになる。F#とGbは異名同音となるため、一回りする円ができあがる。この5度圏を把握しておくと調号の系列やドミナント・モーションなどの関連性が理解しやすい。
8ビート(eight beat)
1小節を8分割にし、これをビートの基本単位とするリズムのこと。4/4拍子での8分音符がこれに相当し、通常リズムの中心となるベースやドラムが8分音符を連打する形のビート。ロックの基本形ビートでもある。
 <<= ページの先頭に戻る
 <<= Q&AのINDEXページに戻る
Copyright(c) since 2003 HORIzon Official Website All Rights Reserved. Designed & Managed By EK
本サイトに掲載されている画像・文章など、全ての内容の無断転載、引用を禁止します。
HOME | Profile | Portrait | Schedule | PhotoGallery | Q&A | BBS | サイトマップ | Blog | Link