ジャズピアニスト|堀智彦|piano

JAZZ

【ラ】から始まるアーティスト
ライオネル・ハンプトン
ラムゼイ・ルイス
ラリー・ゴールディングス
ラリー・コリエル
ラリー・ヤング
ラルフ・マクドナルド
JAZZ WORDS Q & A -【ラ】
-- INDEX --
※(注)本サイトに掲載されている全ての内容の無断転載、引用はご遠慮下さい。
【ラ】
ライヴ   ライナー・ノーツ   ライン   ラグタイム   ラップ   ラテン   ラプソディック
※(注)本サイトに掲載されている全ての内容の無断転載、引用はご遠慮下さい。

類=類語   同=同義語   派=派生語   反=反対語   略=略語   cf=参考
例=例語   動=動詞形   関=関連語   異=同義異語   正=正語   通=通称

ライヴ(live)
派:ライヴ・スポット、ライヴ・アルバム
生演奏一般のこと。「コンサートのライヴ録音」などのように使われる。狭義にはライヴ・ハウスでの演奏。通常は一回一時間ぐらいの演奏単位をセットと呼び、これが一晩に、二回ないし三回行われる。コンサートより身近にジャズが楽しめる。
ライナー・ノーツ(liner notes)
アルバムに付属する解説文。以前はLPのジャケット裏にあったが、次第に別刷りでジャケットの中に差し込まれるようになり、CDでは冊子形式が折込である。輸入LPにはついていないのが普通で、その点日本のサービスはいい。
ライン(line)
例:メロディ・ライン/ベース・ライン
ラインは音のつらなりを、特にその高低の変化に注目して表現したことば。メロディ・ラインといえば、ホーン楽器やピアノ、ギターが生み出す流れ。ベース・ラインは特に4ビートのウォーキング・ベースでベースが生み出す流れ。もちろんベース・ラインもひとつのメロディと考えられる。
ラグタイム(rugtime)
1890年代から流行し始めた、シンコペートしたメロディに特徴のある演奏スタイル。1910年代まで流行し、のちのジャズ、ポップスに影響を与えた。ストライドはその奏法の一つで、左手ベース・ノートの1・3拍と2、4拍をオクターブまたいで演奏する。
ラップ(Rap)
ビートにのせてリズミカルに歌詞を語っていく音楽スタイル。1970年代後半に生まれ、現代では洋楽の種類の一つとなっている。
 <<= ページの先頭に戻る
 <<= Q&AのINDEXページに戻る
ラテン(latin)
参:サンバ/ルンバ/マンボ/ビギン/タンゴetc.
中南米諸国の音楽を総称してラテン・ミュージックと呼ぶ。サンバ、ルンバ、マンボ、タンゴ、フォルクローレ、サルサなどがある。ボサ・ノヴァは50年代末に、サンバがジャズの影響を受けて都会的に変化した音楽である。
ラプソディック(rhapsodic)
熱狂的な。感情が高揚した。
 <<= ページの先頭に戻る
 <<= Q&AのINDEXページに戻る
Copyright(c) since 2003 HORIzon Official Website All Rights Reserved. Designed & Managed By EK
本サイトに掲載されている画像・文章など、全ての内容の無断転載、引用を禁止します。
HOME | Profile | Portrait | Schedule | PhotoGallery | Q&A | BBS | サイトマップ | Blog | Link