ジャズピアニスト|堀智彦|piano

JAZZ

【セ】から始まるアーティスト
セシリア・ノービー
セシル・テイラー
セロニアス・モンク
JAZZ WORDS Q & A -【セ】
-- INDEX --
※(注)本サイトに掲載されている全ての内容の無断転載、引用はご遠慮下さい。
【セ】
1001   声部   セカンド・ライン   セカンド・リフ   セクステット   絶妙な   セッション
セプテット   セブンス   センター・レーベル   センチメンタル
※(注)本サイトに掲載されている全ての内容の無断転載、引用はご遠慮下さい。

類=類語   同=同義語   派=派生語   反=反対語   略=略語   cf=参考
例=例語   動=動詞形   関=関連語   異=同義異語   正=正語   通=通称

1001(センイチ)
スタンダード曲集で、ジャズメンの虎の巻ともいうべき本。一般には出回っていない。いまではスタンダード曲集をさす普通名詞化して、類似のモノが多く発売されているが、元祖をはじめとして1001曲収録してあるわけれはない。
声部(part)
メロディやハーモニーなどの個別のラインのこと。
セカンド・ライン(second line)
ニューオリンズでは黒人の葬儀の際、墓からの帰り道にブラス・バンドの演奏を伴って歩く風習があり、このバンドをファースト・ライン、バンドに踊りながらついていく一団をセカンド・ラインという。音楽的にはこの踊りの感覚に通じるビートという意味で、独特のハネる感覚と、2拍4拍を強調したツー・ビート感に特徴がある。
セカンド・リフ/リフ(second liff/riff)
類:テーマ
本来ソロに合わせて即興的に2ないし4小節程度の短いリズミックなフレーズを合奏の形で繰り返すことをいったが、その後その短いテーマを主題にした曲も作られるようになった。従って、一般的にテーマ全体をリフということもある。
セクステット(sextet)
六重奏。
 <<= ページの先頭に戻る
 <<= Q&AのINDEXページに戻る
絶妙な(stereotypes)
絶妙な:このうえなく優れて巧みなこと。流麗な:よどみなく美しい様子。重厚な:重々しくてどっしりしていること。端整な:心姿が正しくきちんとしている様子。文
セッション(session)
異:バンド/グループ
関:ジャム・セッション
ジャム・セッションは、気の合ったミュージシャン同士がアレンジなどはせず、簡単な打ち合わせと合図によって即興的に行う演奏のこと。
セプテット(septet)
七重奏。
セブンス(7th(seventh))
基音から数えて七つ目の音。CでいえばBにあたる。セブンスの音を加えたコードのことも指す。Cコードの場合単にCセブンスというと、C、E、GにBbを加えた和音を指し、Bを加えたコードはメジャー・セブンスと呼ぶ。
センター・レーベル(center label)
LPレコードの中央に貼ってある円形の紙で、演奏者名、曲目、作曲者等が印刷されている。
センチメンタル(sentimental)
感情の、多感な、感傷的な。名曲「センチメンタル・ジャーニー」はバド・グリーンの作詞に、レス・ブラウン&ベン・ホーマーの作曲。45年にドリス・デイをフィーチャーしたレス・ブラウン楽団の演奏で大ヒットした。
 <<= ページの先頭に戻る
 <<= Q&AのINDEXページに戻る
Copyright(c) since 2003 HORIzon Official Website All Rights Reserved. Designed & Managed By EK
本サイトに掲載されている画像・文章など、全ての内容の無断転載、引用を禁止します。
HOME | Profile | Portrait | Schedule | PhotoGallery | Q&A | BBS | サイトマップ | Blog | Link