ジャズピアニスト|堀智彦|piano

JAZZ

【シ】から始まるアーティスト
ジーン・アモンズ
ジーン・クルーパ
ジーン・ハリス
ジャック・ティーガーデン
ジャック・ディジョネット
ジャコ・パストリアス
J.J.ジョンソン
ジェイムス・P・ジョンソン
ジェイムス・テイラー
ジェイムス・カーター
ジェリー・ウィギンズ
ジェリー・マリガン
シェリー・マン
ジェリー・ロール・モートン
シカゴ
シドニー・ベシェ
ジニー・ブライソン
ジミー・スミス
ジミー・フォレスト
ジミー・ブラントン
ジム・ホール
シャーリー・スコット
シャカタク
ジャズ・ジャマイカ
ジャズ・フューチャーズ
ジャッキー・テラソン
ジャッキー・マクリーン
ジャック・ルーシェ
ジャンゴ・ラインハルト
ジューン・クリスティ
ジュニア・マンス
ジュリアン・コリエル
ジョアン・ジルベルト
ジョー・サビヌル
ジョー・サンプル
ジョー・ジョーンズ
ジョー・スタッフォード
ジョー・パス
ジョー・ヘンダーソン
ジョー・ロバーノ
ジョージ・アダムス
ジョージ・ガーシュイン
ジョージ・シアリング
ジョージ・ハワード
ジョージ・ベンソン
ジョージ・ルイス
ショーティ・ロジャース
ジョシュア・レッドマン
ジョニー・ソマーズ
ジョニー・ホッジス
ジョン・コルトレーン
ジョン・スコフィールド
ジョン・バシーリ
ジョン・ピザレリ
ジョン・マクラフリン
ジョン・ルイス
シンガーズ・アンリミテッド
JAZZ WORDS Q & A -【シ】
-- INDEX --
※(注)本サイトに掲載されている全ての内容の無断転載、引用はご遠慮下さい。
【シ】
シ−クレット・トラック   シーツ・オブ・サウンド   シーン   色彩感   シカゴ・ジャズ   16ビート
シット・イン   シネ・ジャズ   ジャイブ   ジャジー   ジャズ喫茶   ジャズ・ジャーナリズム
ジャズ・スピリット   ジャズ・ディスク大賞   ジャズ・パー賞   ジャズ・ボーカル
ジャズ・メッセンジャーズ   ジャズ・ロック   ジョン・コルトレーン   12音音楽
趣味のよい   主要三和音   循環コード   ショーケース   シングル・トーン   新主流派
シンコペーション   新伝承派   神童   シンバル・レガート   シンプルな
シンフォニック・ジャズ
※(注)本サイトに掲載されている全ての内容の無断転載、引用はご遠慮下さい。

類=類語   同=同義語   派=派生語   反=反対語   略=略語   cf=参考
例=例語   動=動詞形   関=関連語   異=同義異語   正=正語   通=通称

シ−クレット・トラック(secret track)
CDの最後に収録された楽曲で、インレイやブックレットには曲目が記載されていないもの。ポピュラー音楽では比較的多いが最近はジャズのアルバムでも散見される。
シーツ・オブ・サウンド(sheets of sound)
58年来「ダウンビート」誌に掲載された、ジョン・コルトレーンに対する文章の中で、評論家アイラ・ギトラーがその特異なテナー奏法を「シーツ・オブ・サウンド(敷き詰めたサウンド、音の洪水)」と形容。以降コルトレーンの演奏スタイルの代名詞として広く使われるようになった。
シーン(scene)
日本語に訳せば「・・・・・界」といった意味。評論家・業界用語のご多聞に漏れず、曖昧でいい加減な言葉。
色彩感(color/chromatic)
色鮮やかな感じのこと。サイコクロマステジア(精神性色感症)という病気では、音を聴くと本当に色が見えてしまうそうだ。ピアノが紫に、チェロがオレンジに、オーボエがオリーブグリーンに「聞こえる」患者や、見える色でヴァイオリンを調律した患者の報告もある。
シカゴ・ジャズ(Chicago Jazz)
ニューオリンズが軍港になり歓楽街だったストーリービルが閉鎖されたことが引き金になり、仕事を失ったジャズメンたちは新しい天地、シカゴで発展していき、一皮向けた都会的なジャズを演奏していった。
 <<= ページの先頭に戻る
 <<= Q&AのINDEXページに戻る
16ビート(sixteen beat)
関:ファンク
16ビート(sixteen beat、シックスティーンビート、じゅうろくびーと)とは、ドラム・ビートの態様の1つで、4分の4拍子で16分音符を基本単位としたビート。2拍目と4拍目にアクセントをおくバックビートのスタイルを持つ。ジャズとロックが融合して生まれたとされる。フュージョンのスタイル。ベースとなる音の数が多いので、ドラムスの演奏では難易度は高い。
シット・イン(sit in)
ミュージシャンが所属していないバンド・グループに臨時参加し、演奏すること。「ソニー・スティット・シッツ・イン・ウィズ・ジ・オスカー・ピーターソン・トリオ」はその好例。
シネ・ジャズ(cine-jazz)
50年代後半、フランス映画界のヌーベルバーグがモダン・ジャズをその作品に取り入れ始めた。ロジェ・ジャディムがモダン・ジャズ・カルテットのジョン・ルイスを「大運河」で、ルイ・マルが「死刑台のエレベーター」でマイルス・デイヴィスを起用。映像・音楽共に映画界に新風を巻き起こし、シネ・ジャズの先駆的作品となった。
ジャイブ(jive)
「でたらめなおしゃべり」「ナンセンス」の意が転じて、スウィング・ジャズなどの軽快な演奏やそれにあわせたダンスを指すようになった。現在でもスイングや初期リズム・アンド・ブルースに通じるコミカルな持ち味の曲を、ジャイブ・ミュージックと呼ぶことがある。ジャイブの帝王と呼ばれるのがキャブ・キャロウェイ。
ジャジー(jazzy)
類:ジャズっぽい
近頃「ジャジーな」クラブ、レストランが急増している。例えば青山の「ブルーノート」や横浜の「バード」、古くからあるのは銀座の「スウィング」である。
 <<= ページの先頭に戻る
 <<= Q&AのINDEXページに戻る
ジャズ喫茶
高級オーディオでジャズLP/CDを聴かせる喫茶店。日本におけるジャズ文化を振興。
ジャズ・ジャーナリズム(jazz-journalism)
ジャズの報道、評論の仕事に関わる出版社、編集者、文筆業に対する総称。アメリカで19世紀末から発刊されていた「メトロノーム」誌は1935年以降スイング・ミュージックの専門誌になり、現在同国を代表する老舗ジャズ専門誌の「ダウンビート」は1934年に創刊された。
ジャズ・スピリット(jazz sprit)
類=演歌魂
ジャズ精神、ジャズ魂とでも訳すのだろうか。「精神」という意味からして、ジャズに対する心構え、ミュージシャン自身の内部を満たしジャズ・ミュージシャンとしての活動をささえる基になると考えられるものということになるのだろう。
ジャズ・ディスク大賞
ジャズという音楽にとって、レコードの果たす大きな役割を認識し、わが国におけるレコード文化の振興、ひいてはジャズ界の興隆を願って本誌が制定した、日本でも最も歴史と権威がある賞。1967年度の第1回金賞受賞作は「ゴールデン・サークルのオーネット・コールマン」。現在はディスク大賞部門の金賞、銀賞、日本ジャズ賞、ボーカル賞(海外部門)(国内部門)、編集企画賞、制作企画賞、ニュー・スター賞が設けられている。
ジャズ・パー賞
デンマーク・ジャズ・センターが運営するジャズパー委員会によって選出されたジャズマンたちに与えられる賞。同委員会は欧米各国の専門家で構成され、受賞者には35000米ドル相当の賞金と彫像が授与される。1990年の第1回受賞者は、AACMの初代会長を務めたムハール・リチャード・エイブラムス。以降デビッド・マレイ、リー・コニッツ、トミー・フラナガン、ロイ・ヘインズ、トニー・コー、ジェリ・アレン、ジャンゴ・ベイツ、ジム・ホール、クリス・ポッター、マリリン・マズールが受賞。2002年度の受賞者はエンリコ・ラバだった。受賞者は記念コンサートを行うのが慣わしとなっており、その模様はライブ・アルバムとして制作される。現在ジャズ関係では世界最大の賞に成長している。
 <<= ページの先頭に戻る
 <<= Q&AのINDEXページに戻る
ジャズ・ボーカル(jazz vocal)
略:vo
ジャズっぽい歌唱。ジャズ的な雰囲気を感じさせる「うた」。
ジャズ・メッセンジャーズ/JM(Jazz Messengers)
関:アート・ブレイキー
アート・ブレイキー率いるJ.M.は、マイスル・スクール同様に、ジャズ・シーンにおける重要な道場となっている。J.M.から独立して活躍するミュージシャンは、さる音楽大学の卒業生より多いとすら言われる。フレディ・ハバード、ウェイン・ショーターらは既にベテラン。
ジャズ・ロック(jazz rock)
ジャズ風のロックのこと。ロックとはロックン・ロールを縮めたもの。そしてロックン・ロールとは1950年代の中頃、黒人のリズム&ブルースと白人の地方音楽カントリー&ウェスタンが混血して形成された、アフター・ビートを強調したダンス・ミュージックである。
ジョン・コルトレーン/トレーン(John Coltrane/Trane)
トレーンは1926年9月23日、ノース・カロライナで生まれ、40年にディジー・ガレスピー楽団に加入。53年にジョニー・ホッジス楽団に加入。1967年7月17日、わずか41歳の生涯を閉じた。
12音音楽(dodecaphony)
アーノルド・シェーンベルクが確立した「12音技法」によって書かれた音楽。12音技法とは1オクターブ内にある12の音に同等の価値を与え、特定の調性を提示しない作曲法。西洋音楽における一大革命であり、ビバップ以降のジャズ・ミュージシャンも多大な影響を受けた。ビル・エバンスの「T.T.T」(トゥエルブ・トーン・チューン)はまさにこの技法を使って書かれたナンバー。
 <<= ページの先頭に戻る
 <<= Q&AのINDEXページに戻る
趣味のよい(in good taste)
優雅であること。慎み深いこと。端正であること。お下劣でないこと。節度あること。高貴であること。でしゃばらないこと。謙虚であること。審美的であること。わきまえていること。場違いでないこと。馥郁たること。
主要三和音(primary triads)
メジャー・スケール(長音階)もしくはマイナー・スケール(短音階)における、T度(トニック)、W度(サブドミナント)、V度(ドミナント)をルート音としてできる3つの3和音。調性の決定や楽曲の構成に重要な役割を果たす。
循環コード(chord pattern)
定型化された比較的簡単で短いコード進行。ガーシュインの「I got rhythm」がその代表例。それ以外でも「OREO」「Rhythm a ning」など循環コードを使った楽曲は多く、それらは俗に「循環モノ」と言われる。
ショーケース(showcase)
「試験的に演奏を披露する場所」が元来の意味で、「様々な要素が入った」のニュアンスが含まれる。
シングル・トーン(single tone)
シングル=一つの、トーン=音。コードなどを伴わずに1本の旋律のみで成り立っているフレーズのこと。
新主流派/新伝承派(modern mainstream/modern traditional)
新主流派はハービーの『エンピリアン・アイルズ』、新伝承派は『マルサリスの肖像』で始まったとか。どちらも今日のジャズ・シーンの中核をなすミュージシャンを輩出した。新伝承派のトランペット奏者の間に、自分のソロの終了直前にふっとマイクから遠ざかるのがはやった。
 <<= ページの先頭に戻る
シンコペーション(syncopation)
関:リズム・後ノリ・裏拍
リズムが運動と時間と空間に関係することは確かであるが、どのような関係であるかは時代や民族や個人により千差万別である。「リズムとは運動と秩序との関連性である」などという人もいる。
新伝承派/新主流派(modern traditional/modern mainstream)
新主流派はハービーの『エンピリアン・アイルズ』、新伝承派は『マルサリスの肖像』で始まったとか。どちらも今日のジャズ・シーンの中核をなすミュージシャンを輩出した。新伝承派のトランペット奏者の間に、自分のソロの終了直前にふっとマイクから遠ざかるのがはやった。
神童(しんどう)
才能豊かな10代の新人ジャズ・プレイヤー。
シンバル・レガート/ブラッシュ(simbal legato/brush)
ブラッシュ(ブラシ・ブラッシュ)は弱音を要求する時に必要なドラムスを叩く道具のひとつ。シンバル・レガートはシンバルを音の区切れなくなめらかに叩くこと。
シンプルな(simple)
単純な、簡単な、やさしい、質素な、じみな、実直な、誠意のある、純な、無邪気な、という意味だけでなく、幼稚な、おめでたい、取るに足らない、ばか、という意味もある。
シンフォニック・ジャズ(Symphonic Jazz)
交響楽的な楽器編成で演奏されるジャズ。ガーシュインの「ラプソディー・イン・ブルー」がこうよばれた。
 <<= ページの先頭に戻る
 <<= Q&AのINDEXページに戻る
Copyright(c) since 2003 HORIzon Official Website All Rights Reserved. Designed & Managed By EK
本サイトに掲載されている画像・文章など、全ての内容の無断転載、引用を禁止します。
HOME | Profile | Portrait | Schedule | PhotoGallery | Q&A | BBS | サイトマップ | Blog | Link