ジャズピアニスト|堀智彦|piano

JAZZ

【ス】から始まるアーティスト
ズート・シムズ
スーパー・サックス
スコット・ラファロ
スタッフ
スタン・ゲッツ
スタンリー・ジョーダン
スタンリー・タレンタイン
スティーブ・アレン
スティーブ・デイビス
スティーブ・マーカス
ステファン・グラッペリ
スペシャルEFX
スラム・スチュワート
スリー・サウンズ
JAZZ WORDS Q & A -【ス】
-- INDEX --
※(注)本サイトに掲載されている全ての内容の無断転載、引用はご遠慮下さい。
【ス】
ズージャ   スインガー   スウィートな   スウィング   スウィング・ジャズ   スウーナー
スキャット   スクラッチ   スケール   スケール・アウト   スケールの大きい   スコア
スタイリスト   スタイル   スタジオ・ミュージシャン   スタンダード   ストリングス
ストレート・アヘッド   スピード   スピリチュアル   スポンテニアス   スラッピング
スリップ・ケース   スリリングな
※(注)本サイトに掲載されている全ての内容の無断転載、引用はご遠慮下さい。

類=類語   同=同義語   派=派生語   反=反対語   略=略語   cf=参考
例=例語   動=動詞形   関=関連語   異=同義異語   正=正語   通=通称

ズージャ(jargons)
同:業界用語
いわゆる業界用語/ミュージシャン用語の代表例。ジャズのことである。この種の用語ではなにかと逆さまに読む傾向が強い。
スインガー(swinger)
ジャズに特有な音楽的躍動感を示す「スイング」の派生語で、よくスイングするプレイヤー、特にピアニストを指す。
スウィートな(sweet)
同:甘美な
甘味がほどよくて非常においしく感じる様子。非常に気持ちが良くて、ロマンチックになる様子。スロー・テンポでロング・トーンを多用したメロディが基準のようだ。スウィング・ジャズ期にダンス・ミュージックがスウィート・ミュージックと呼ばれたこともある。
スウィング(swing)
派:スウィンギー、スウィンガー
サッチモ以来、ジャズの特徴として知られるようになった独特のリズムのノリ。アフタービート、シンコペーション、跳ねるような8分音符のノリ。
スウィング・ジャズ(swing jazz)
1930年代に流行した、優雅でスウィートな趣をもったオーケストラ・ジャズのこと。
 <<= ページの先頭に戻る
 <<= Q&AのINDEXページに戻る
スウーナー(swooner)
クルーナーと対照的に使われる言葉。「swoon(悩殺される、気絶する)」の派生語。代表格はフランク・シナトラ。
スキャット(scat)
ジャズ・ヴォーカリストが歌詞の一部または全部の代わりに、意味のない楽器音的な言葉で、アドリブ・フレーズを作っていくこと。
スクラッチ(scratch)
DJテクニックのひとつで、ターン・テーブル上のレコードを擦って、本来は出ない音を作り出す手法。ハービー・ハンコック「フューチャー・ショック」によりジャズ界でも知られるようになった。
スケール(scale)
例:ペンタトニック・スケール(5音音階)
音階。音階とは文字どおりに音を階段上に高さの順に並べたものであるが、特に一つの楽曲のある部分で使われる主要な音を1オクターブ内に階段上に並べたものをいう。音階は世界中に多種類あり、それぞれの音階に基づいてできた音楽の印象はきわめて異なる。
スケール・アウト(scale out)
あるコード進行内のコードに対して使用できるスケールは決まっているが、代理コードやアッパー・ストラクチャー・トライアドを組み合わせることによって、さらに豊富なスケールを使うことができるようになる。中でも意識的に調性から遠いスケールを用いることによって、演奏に緊張感をもたらす手法を俗に「スケール・アウト」と呼ぶ。ハービー・ハンコックやマイケル・ブレッカーのプレイに顕著だが、現代ではアドリブを行う際の基礎言語ともなっている。
 <<= ページの先頭に戻る
 <<= Q&AのINDEXページに戻る
スケールの大きい(wide-scale)
「音楽性に幅がありジャズの枠に収まらない」「部分的な完成度の低さをものともしない」「音がデカくて説得力がある」といったニュアンス。ソニー・ロリンズは集中したとき吹く音すべてがジャズの美に満ちているが、調子が悪い時には陳腐なフレーズを平気でたれ流す。
スコア(score)
アレンジ譜などで、すべてのパートをまとめて一つにしたもの。いちばん上の段がtpで次がtb、というように縦に積み重ねてある。これに対して、各パートごとの譜面をパート譜という。ビッグ・バンドの場合、指揮者のところにあるのがスコアで、プレイヤーの前に広げてあるのがパート譜ということになる。
スタイリスト(stylist)
後続のミュージシャンやジャズ界に大きな影響を与えるような新しいスタイルを創造した人物。ルイ・アームストロングはジャズ・トランペットの基本ともなったスタイルを創った、偉大なスタイリストであり、チャーリー・パーカーはアルト・スタイリスト、ビル・エヴァンスはピアノ・スタイリストである。
スタイル(style)
派:スタイリスト
ジャズにおける「スタイル」とは「様式」とか「文化」といった意味だろう。他にも「語法」とか「口調」とか「フレーズ」といった言語関係の用語が、ジャズを語るのによく用いられるのは、そのに何か類似の要素があるからなのか?
スタジオ・ミュージシャン(studio musician)
スタジオ・レコーディングを主な活動とするプロフェッショナル。フュージョン系スタジオ・ミュージシャンが脚光を浴びるにつれ、裏方的なイメージは崩れている。
 <<= ページの先頭に戻る
 <<= Q&AのINDEXページに戻る
スタンダード(standard)
類:ジャズ・クラシック
一時の流行にとどまらず、時代を超えた名曲として、演奏されたり、口ずさんだりされる曲。
ストリングス(ストリングス・ジャズ)(strings)
弦楽器群。もしくはジャズ・ミュージシャンが弦楽器群と共演すること。ウィズ・ストリングス。
ストレート・アヘッド(straight-ahead)
まっすぐに。ストレートという形容詞にはメロディをくずさずに楽譜通りに演奏する、という意味もある。徹底した、純粋な、連続の、生の、きちんとした、等などに共通した雰囲気だと感じてくれれば良い。
スピード(speed)
異:アップ・テンポ/急速調
速度。単位時間当たりに移動する距離のことである。物理的な速度を測定するためには必ずある有限幅の時間間隔が必要であるため、位置等とは異なりある瞬間の速度を正確に測定することは本質的に不可能である。
スピリチュアル(spiritual)
霊的な、精神的な、崇高な、神から授かった、etc.・・・名詞としては黒人霊歌の意味にも使われる。
 <<= ページの先頭に戻る
 <<= Q&AのINDEXページに戻る
スポンテニアス(spontaneous)
自然発生的な。演奏におおけるメンバー間のジャズ特有な現象に対する形容語。
スラッピング(slapping)
ベース奏法の一種。手のひら、もしくは指で弦を激しく打つ方法で、デキシーランド・ジャズによく聴かれる。しかし近年スラッピングといえば、エレクトリック・ベースのそれを指すことが多い。別名チョッパー奏法。ラリー・グラハム、ルイス・ジョンソン、スタンリー・クラーク、マーカス・ミラー、桜井哲太など、使い手は多数。
スリップ・ケース(slip case)
「枕カバー」の意味から転じて、CDのプラスチック・ケースを覆う紙製ケースを指す。ジャケットと同じデザインが印刷されている場合が多い。
スリリングな/緊張感(thrilling)
ぞくぞく(ぞっと、はっと)させるような、戦慄的な。
 <<= ページの先頭に戻る
 <<= Q&AのINDEXページに戻る
Copyright(c) since 2003 HORIzon Official Website All Rights Reserved. Designed & Managed By EK
本サイトに掲載されている画像・文章など、全ての内容の無断転載、引用を禁止します。
HOME | Profile | Portrait | Schedule | PhotoGallery | Q&A | BBS | サイトマップ | Blog | Link