ジャズピアニスト|堀智彦|piano

JAZZ

【タ】から始まるアーティスト
ダーティ・ダズンブラスバンド
ダイアナ・クラール
ダイアン・リーブス
ダラー・ブランド
JAZZ WORDS Q & A -【タ】
-- INDEX --
※(注)本サイトに掲載されている全ての内容の無断転載、引用はご遠慮下さい。
【タ】
ダイアトニック   ダイナミック   ダイナミックス   タイト   タイム   タイム感覚   代理コード
ダウン・トゥ・アース   ダウンビート   タッチ   タンギング   ダブル・タイム   ダブル・テンポ
※(注)本サイトに掲載されている全ての内容の無断転載、引用はご遠慮下さい。

類=類語   同=同義語   派=派生語   反=反対語   略=略語   cf=参考
例=例語   動=動詞形   関=関連語   異=同義異語   正=正語   通=通称

ダイアトニック(diatonic)
いわゆる「ドレミファソラシド」の音階の事をメジャーのダイヤトニック・スケールといい、単調の音階のことはマイナーのダイアトニック・スケールという。そして、この音階の中の音だけを使ったコードをダイアトニック・コードという。つまり普通の音階や普通のコードのこと。
ダイナミック(dynamic)
対:static
動と静。メリハリと単調。変化と定常。散逸と秩序。開放と円環。発散と収束。抑揚と平板。[類]ダイナミック・レンジ・音響エネルギーの最小値と最大値の比(の対数)。
ダイナミックス(dynamics)
強弱、あるいは強弱法。P(ピアノ)やf(フォルテ)、クレシェンド、デクレシェンドなどの記号によって指示される。この強弱の幅をダイナミック・レンジという。
タイト(tight)
対:ルーズ、のび縮みする
リズムが安定しキュッとしまっている様を表現するのに広く使用される言葉。ドラム奏者は「タイトだね」と言われたら、リズムに関しては褒められたと考えて良いだろう。ただし、フュージョン全盛の時代ではドラムはみなタイトと表現されたようだ。
タイム(time)
拍子。音楽音流れを構成する基本的な単位であり区切り。拍子には4/4、3/4.2/2などの単純拍子、5/4、9/4などの変拍子がある。一方ジャズでは「タイム感覚」という言い方をすることがあるが、この場合のタイムとは「ノリ」という意味に近い。また「タイムが良い」といういう場合は「タイム感がよい」という意味。
 <<= ページの先頭に戻る
 <<= Q&AのINDEXページに戻る
タイム感覚(sense of time)
異:リズム感、テンポ感覚
プレイヤーの分析を五線紙で行おうとするとき、まずぶるかるのがこのタイム感覚の記述の問題だ。たとえばキーボードの演奏をコンピューターで分析してみると、音の鳴り始めや鍵盤から指を離す瞬間を正確に表すのに、256分音符以上の細かい尺度が必要だという。
代理コード(substitude chord)
主要3和音の代理となるコード。ほとんどのポピュラー・ミュージックの和声は主要3和音でまかなうことができるが、しかしそれでは楽曲進行が極端に貧弱になる。それに代理できるコードを使うことによって、進行に幅を持たせることができる。ジャズにおけるその顕著な例は、サブドミナント・コード(W)をUm7に置きかえて、ドミナント→トニックと進行するいわゆる「トゥー・ファイブ」進行。またドミナント・セブンス・コード(V7)はUb7がトニック・コード(T)はWm7が代理できるため、例えばT→W→V7→Tという基本的な進行は、Wm7→Um7→Ub7→Tという形に置き換えることができる。
ダウン・トゥ・アース/アーシー(down to earth/earthy)
類:ファンキー、ソウルフル
@土着的。黒人の体質を示す形容詞。A世俗的でダーティーなこと。Bソウルフルやファンキーに近いニュアンスを持つ言葉で、黒人らしいスタイルを示す。
ダウンビート/人気投票(Downbeat/Poll)
派:ポール・ウィナー
1935年に創刊された世界初のジャズ専門誌。一般的に言う人気投票は同誌の評論家人気投票と読者人気投票を指す場合が多い。
タッチ(touch)
狭義には鍵盤楽器の、広義にはすべての楽器を演奏する際に、指と楽器が出会う瞬間、そして離れる瞬間に起こるさまざまなことがら。強弱、速度、加速度、力、重さ、勢い、軽さ、繊細さ、流暢、朴訥、滑らか。全て聴くものの「音楽体験」の生成に影響を及ぼす。
 <<= ページの先頭に戻る
 <<= Q&AのINDEXページに戻る
タンギング(tanging)
管楽器で、各音の立ち上がり(アタマ)をはっきりさせるために、舌を使って息をコントロールすること。プレイヤーは口の中で「t、ttt」というつもりで吹いている。
ダブル・タイム(double time)
スロー・バラードなどで、ソロの部分などを倍速にして演奏すること。
ダブル・テンポ(double tempo)
テンポを2倍にすること。「倍テン」(倍テンポ)と呼ばれることもある。12小節のブルースをダブル・テンポで演奏すると、時間そのものは変わらないが、小節数は24小節になる。演奏に変化をつけたい時に使用される。ソニー・クラーク・トリオの「朝日のようにさわやかに」のアドリブの4コーラス目前半部ではドラムがダブル・テンポで演奏される。
 <<= ページの先頭に戻る
 <<= Q&AのINDEXページに戻る
Copyright(c) since 2003 HORIzon Official Website All Rights Reserved. Designed & Managed By EK
本サイトに掲載されている画像・文章など、全ての内容の無断転載、引用を禁止します。
HOME | Profile | Portrait | Schedule | PhotoGallery | Q&A | BBS | サイトマップ | Blog | Link