ジャズピアニスト|堀智彦|piano

JAZZ

【テ】から始まるアーティスト
ディー・ディー・
   ブリッジウォーター
D.D.ジャクソン
ディッキー・ウェルズ
ディジー・ガレスピー
デイブ・グルーシン
デイブ・サミュエルズ
デイブ・ブルーベック
デオダート
デクスター・ゴードン
テディ・ウィルソン
デビッド・サンボーン
デビッド・ベノワ
デューク・エリントン
JAZZ WORDS Q & A -【テ】
-- INDEX --
※(注)本サイトに掲載されている全ての内容の無断転載、引用はご遠慮下さい。
【テ】
テーマ   テイク   テクニック   デクテット   デジパック   ディキシーランド・ジャズ   ディグ
ディクション   ディスコグラフィ   ディストリビューター   ディミニッシュ
ティン・パン・アレイ   デッド   デュオ   テナー・サックス   デリケート   天才   テンション
テンポ   テンポ・ルバート
※(注)本サイトに掲載されている全ての内容の無断転載、引用はご遠慮下さい。

類=類語   同=同義語   派=派生語   反=反対語   略=略語   cf=参考
例=例語   動=動詞形   関=関連語   異=同義異語   正=正語   通=通称

テーマ(theme)
たとえば「素材」としてある曲を演奏する時、その元の曲そのものを演奏すること。ただし、和音や、メロディは微妙に、いわばヘテロフォニー的に変えられる。この変え方にも、ミュージシャンの個性と趣味と力量がはっきり現れる。
テイク/別テイク(take/alternate take)
類:ヴァージョン
レコーダーを止めずに一回に録音したもの。通常レコーディングでは同一の曲またはパートを繰り返し録音して、テイク1、テイク2というように番号をふり、最も出来のよいもの(O.K.テイク)がレコードになる。その他のテイクを別テイクと呼ぶ。
テクニック(technique)
派:テクニシャン/テクニカル/技巧派
芸術上の技法、技巧のこと。音楽も含めて、いわゆる芸術における練習はすべてこのテクニック向上のために費やされるといっても過言ではない。芸術においては唯一他人に伝えられるものだともいえる。
デクテット(dektette)
十重奏。九重奏以上は呼び方がはっきりしないので、テンテットなどと呼ぶこともある。
デジパック(digipak)
CDパッケージの形態。通常のプラスチック・ケースではなく、ジャケット、ブックレット等が一体化した紙の質感を重視したアートワークを含め手作り感が強い。近年はこだわり派により、増加傾向にある。
 <<= ページの先頭に戻る
 <<= Q&AのINDEXページに戻る
ディキシーランド・ジャズ(Dixieland Jazz)
5〜8人のコンボ。(small combinationの略。オーケストラと対比して、小編成の器楽グループの意)
ディグ(dig)
「掘る」から転じて、ジャズを深く理解することの意。
ディクション(diction)
言葉または言葉使い。ボーカルでは歌詞の操り方をいう。フレイジグの関係から、ディクションを犠牲にする歌手がジャズの場合は多い。
ディスコグラフィ(discography)
各々のレコーディングに関する資料・データを集大成して記述したもの。(派生語)ディスコグラファー。
ディストリビューター(distributor)
音楽ソフトを営業網にのせて小売店に流通させる配給業者。本来のレコード会社は原盤制作、プレス、営業の機能を持っていたが、現在では原盤制作のみ行い、流通・販売は他の業者に委託するシステムが一般化しており、ディストリビューターの役割は重要さを増している。
 <<= ページの先頭に戻る
 <<= Q&AのINDEXページに戻る
ディミニッシュ(diminish)
もともと「減らす」の意味で、ディミニッシュト・スケール(減音音階)、ディミニッシュト・セブンス(Cでいえば、ド・ミb・ソb・ラのコード、記号はdim7)のように使う。Dim7のコードは、ドラマのサスペンス場面で使われるような、微妙で不安定な感じの音である。
ティン・パン・アレイ(Tin Pan Alley)
量的・質的・歴史的に見て、米国ポピュラー・ミュージックのほとんどがここから出版されているといわれるニューヨークの一地区。米国ポピュラー音楽出版界の中心も意味する。またプロフェッショナルなポピュラー音楽の作曲家グループに対する呼称でもある。
デッド(dead)
反響音が少ない環境のこと。屋外や録音スタジオの中など。反対に教会の中や風呂場などがライブな環境。
デュオ(duo)
二重奏。伴奏がついてもスターが二人という意味でデュオ・アルバムといったりする。
テナー・サックス(tenor saxophone)
通:テナー
略:ts
コントラバス、バス、バリトン、テナー、アルト、ソプラノ、ソプラニーノと全部で7種類あるシングル・リードの木管楽器であるサックス(正確にはサキソフォーン:saxophone)の中のひとつ。
 <<= ページの先頭に戻る
 <<= Q&AのINDEXページに戻る
デリケート/ナイーヴ(delicate/naive)
類:サトル:subtle
デリケート:優美な、繊細な、精巧な、上品な、敏感な、微妙な。ナイーブ・純心な、純真な、無邪気な。
天才/名手/鬼才/異才/偉才
演奏者固有のスタイルを表現するある種の称号・形容詞。使用者によって異なる場合も多い。
テンション(tension)
類:和声外音
基音の高次倍音に基づく和音の構成音。基音(根音)の9倍の周波数を持つ第9倍音(いわゆる9th)、11倍の周波数の第11倍音(11th)、あるいは、13倍の周波数の第13倍音(13th)などが代表的。一般に、コードの単調な響きに色彩感を添えるために加える、とされている。
テンポ(tempo)
例:アップ・テンポ
楽曲を演奏するスピード。ファスト、ミディアム、ミディアム・スロー、スローと大雑把に分けられるが、ハッキリした基準はない。速い曲にはアップ・テンポという言い方もある。演奏現場ではリーダーのその場の気分で変えられることも多い。
テンポ・ルバート(tempo rubato)
ルバートは「自由に」という意味。本来のテンポを無視し、リズムを伸び縮みさせて演奏すること。イントロやソロの途中、エンディングなどで、感情のおもむくままに歌いあげる時にルバートになる。またヴァースの部分はたいていルバートで歌われる。
 <<= ページの先頭に戻る
 <<= Q&AのINDEXページに戻る
Copyright(c) since 2003 HORIzon Official Website All Rights Reserved. Designed & Managed By EK
本サイトに掲載されている画像・文章など、全ての内容の無断転載、引用を禁止します。
HOME | Profile | Portrait | Schedule | PhotoGallery | Q&A | BBS | サイトマップ | Blog | Link