ジャズピアニスト|堀智彦|piano

JAZZ

【チ】から始まるアーティスト
チェット・ベイカー
チコ・ハミルトン
チック・コリア
チャーリー・クリスチャン
チャーリー・パーカー
チャーリー・バード
チャールス・ミンガス
チャールス・ロイド
チャック・マンジョーネ
JAZZ WORDS Q & A -【チ】
-- INDEX --
※(注)本サイトに掲載されている全ての内容の無断転載、引用はご遠慮下さい。
【チ】
チェイス   チェンジ   チャーリー・パーカー   中間派   チューニング   チューン   知的な
調性
※(注)本サイトに掲載されている全ての内容の無断転載、引用はご遠慮下さい。

類=類語   同=同義語   派=派生語   反=反対語   略=略語   cf=参考
例=例語   動=動詞形   関=関連語   異=同義異語   正=正語   通=通称

チェイス/バトル(chas/battle)
バトルは、ライブなどで複数のミュージシャンが即興的なフレーズを交互に出し合うこと。チェイスはこの中でも4小節(フォー・バース)、8小節(エイト・バース)など、特定の小節を交互にアドリブすることをいう場合が多い。
チェンジ(change)
一般には和声進行(コード・チェンジ)を指す。また移調、転調はチェンジ・キーという。
チャーリー・パーカー/バード(Charlie Parker/Bird)
いまもジャズ・メンたちに多大な影響を与え続けるアルト・サックスの巨人であり、ビ・バップの創始者の一人。チャーリー・パーカーの愛称。”バード”の由来としては、鶏肉が好きで鶏ばかり食べていたからという説、”Charlie”が変化して”Bird”となったという説などがある。1955年3月12日ニカ夫人のアパートで「ドーシー・ブラザーズ・ショウ」を観ている最中、笑った拍子に咳き込みこの世を去った。
中間派(main stream jazz)
スウィング時代の末期からモダン・ジャズへの通過期に、主としてコンボで行われたスウィング・セッションを指す。この言葉の命名者はほかの有名な大橋巨泉氏である。
チューニング(tuning)
音合わせ。調律。弦楽器はすぐに合わせられるがすぐ狂う。ピアノはプロでなければ調律は不可能で、金がかかる。ということでほったらかしておくと、「ホンキー・トンク・ピアノ」ができ上がる。
 <<= ページの先頭に戻る
 <<= Q&AのINDEXページに戻る
チューン/ナンバー(tune/number)
演奏の対象となる曲のこと。チャーリー・パーカー以降曲はあくまでアドリブの「素材」である、と考えられ、「ジャズに名曲なし、名演あるのみ」という言葉もでた。
知的な(intelligent)
類:内省的な/難解な/ノリの悪い
派:知性派
知性に富んだ、あるいは知識の多い、という意味。知性とは人間の精神のもつ思考判断能力、特に物事についての抽象的、概念的な認識能力のことである。また知識とはある事物についての明確な理解、認識のことである。
調性/トーナリティ(tonality)
調性とは「帰るところがある」と感じさせることに他ならない。それを感じさせない方法として、@「帰るところ」を暗示する和声進行を使わない。Aメロディや和音に「帰るところ」に特徴的な音を多く使わない。B「帰るところ」を頻繁に移動させる、などがある。
 <<= ページの先頭に戻る
 <<= Q&AのINDEXページに戻る
Copyright(c) since 2003 HORIzon Official Website All Rights Reserved. Designed & Managed By EK
本サイトに掲載されている画像・文章など、全ての内容の無断転載、引用を禁止します。
HOME | Profile | Portrait | Schedule | PhotoGallery | Q&A | BBS | サイトマップ | Blog | Link