ジャズピアニスト|堀智彦|piano

JAZZ

【ウ】から始まるアーティスト
ウィントン・ケリー
ウィントン・マルサリス
ウェイン・ショーター
ウェザー・リポート
ウェス・モンゴメリー
ウディ・ショウ
JAZZ WORDS Q & A -【ウ】
-- INDEX --
【ウ】
歌もの   ヴァーヴ   ヴァージョン   ヴァース   ヴァーティカル   ヴァイタル
ヴァンプ   ヴィブラフォン   ヴィレッジ・ヴァンガード   ヴォイシング
ウォーキング・ベース   ウエスト・コースト
※(注)本サイトに掲載されている全ての内容の無断転載、引用はご遠慮下さい。

類=類語   同=同義語   派=派生語   反=反対語   略=略語   cf=参考
例=例語   動=動詞形   関=関連語   異=同義異語   正=正語   通=通称

歌もの(うたもの)
器楽用ではなく歌唱用に作曲された楽曲。実際はインストでも日常的に演奏されるが、スタンダード・ナンバーの中で特に器楽用と区別するために使われることが多い。
ヴァーヴ(Verve)
1957年ノーマン・グランツが紆余曲折を経て設立した大衆的な大手レーベル。
ヴァージョン(version)
類:テイク
レコードにおけるロング・ヴァージョン、ディスコ・ヴァージョンといった具合に、オリジナルの楽曲や音源のアレンジやミックスを変えてリメイクした変形版の意。
ヴァース(verse)
対:コーラス、リフレイン
もともとは詩の一節という意味であるのだが、ポピュラー・ソングのようなよく知られている歌詞の最初におかれる序説みたいなもの。
ヴァーティカル/ホリゾンタル(vertical/horizontal)
旋律の力が水平的に先へ先へと突き進んで行く運動と、協和音や音程の積み重なりが作る垂直の静的な響きとの間の相互作用は、音楽芸術の根底に常に存在する事実である。(W.ピストン著「管弦楽法」)。
 <<= ページの先頭に戻る
 <<= Q&AのINDEXページに戻る
ヴァイタル(vital)
派:ヴァイタリティ
生命の生きている、生き生きした、生命の維持に必要な、転じて重要な、という意味の形容詞。名詞はヴァイタリティ、動詞はヴァイタライズである。これらがビタミンの語源であることはよく知られている。
ヴァンプ(vamp)
コードとリズムだけの簡単な伴奏で、ソロイストの準備待ちといった意味合いが強い。
ヴィブラフォン(vibraphone)
通:ヴァイブ
略:vib
鉄琴の大きいものに共鳴筒をつけ、その内側に取り付けられた円盤をモーターで回すことによって音にヴィブラートがかかるようになっている。
ヴィレッジ・ヴァンガード(Village Vanguard)
1934年開店したニューヨークのジャズ・クラブの老舗。料理や酒をメインとする他のクラブと一線を画し、良質のジャズを提供し続けている。ロリンズ、コルトレーン、ペッパーそしてビル・エヴァンスと、多くのジャズマンが実況録音を残した。サド=メル楽団もここで生まれた。
ヴォイシング(voicing)
和音の付け方。コード指定とともに、アレンジやソロの流れなどに応じてつけられる。楽譜にCとか書いてあるからといって、ドミソなどと弾いているジャズ・マンはいない。
 <<= ページの先頭に戻る
 <<= Q&AのINDEXページに戻る
ウォーキング・ベース(walking bass)
ベースが4ビートを刻みながらメロディックに「歩き回る」こと。8ビートなどでは、一定パターンの動きを繰り返すことが多いのでエレキ・ベースでもサマになるが、4ビートのウォーキング・ベースはやはりウッドでないと・・・。
ウエスト・コースト(West Coast)/クール(cool)
L・トリスターノ、マイルス九重奏団、G・シアリング、W・ハーマン楽団・・・。散発的にかつ無関係に発生した「クール・ジャズ」は、50年代、西海岸に住む譜面に強い白人ミュージシャンたちの明るい、よくハモるジャズを生んだ。
 <<= ページの先頭に戻る
 <<= Q&AのINDEXページに戻る
Copyright(c) since 2003 HORIzon Official Website All Rights Reserved. Designed & Managed By EK
本サイトに掲載されている画像・文章など、全ての内容の無断転載、引用を禁止します。
HOME | Profile | Portrait | Schedule | PhotoGallery | Q&A | BBS | サイトマップ | Blog | Link