ジャズピアニスト|堀智彦|piano








Sunday at the Village Vanguard

Waltz for Debby

Portrait in Jazz

New Jazz Conseptions

Explorations

Dolphin Street

Bill Evans At The Montreux Jazz Festival

Undercurrent

Affinity

Consecration-2

The Conplete Live At The Village Vanguard

Waltz for Debby Bil Evans Solo
JAZZ WORDS Q & A -【ジャズ雑学-BILL EVANS-】
-- INDEX --
【ジャズ雑学-BILL EVANS-】
傑作ライブはガラガラだった  デビュー当時の思い出  ルーツについて  初リーダー作
ピアノのテクニック  クラシックとの関係  スコット・ラファロへの思い
ピアノトリオについて   カクテル・ピアノとソロ・ピアノ  エレクトリック・ピアノ
リヴィング・タイム
※(注)本サイトに掲載されている全ての内容の無断転載、引用はご遠慮下さい。

ビル・エヴァンスの傑作ライヴは客席がガラガラだった
   ニューヨークの名門ジャズ・クラブ「ヴィレッジ・ヴァンガード」では数々の名盤が実況録音されてきた。 中でも多くのファンに親しまれているのが1961年6月に行われたビル・エヴァンスのライヴ・レコーディングだ。
   このときの演奏は彼の最高傑作のひとつに数えられているが、当時のエヴァンスはそれほど人気が高かったわけではない。 この時代の「ヴァンガード」は、最終日の日曜にマチネーがあった。そのマチネーと夜の部の両方がレコーディングされることになったのである。
   ニューヨークのジャズ・クラブは1週間単位でミュージシャンをブッキングするのが普通だ。 スケジュールは火曜日から日曜日までで、月曜日が休みである。エヴァンスの場合も火曜日から出演して最終日がレコーディングにあてられることになった。
   しかしそれまでの毎日、客の入りは決してよくなかった。 ライヴ録音で拍手がまばらでは冗談にもならない。そこでエヴァンスとバンドの面々は親戚や友人一同に連絡をしてライヴに来てもらうことにした。 しかし急な頼みで足並みは揃わず、結局ちょっとさびしい状態でレコーディングが決行されたのである。 このときのライヴ盤を聴いてもそのことは明らかだ。 決して盛大な拍手は聞えてこない。
   しかしこのレコーディングを境にエヴァンス人気は高まり、「ヴァンガード」にも出演するたび満員の聴衆が詰め掛けるようになった。 後に何度も彼はこのクラブでレコーディングを行っているが、最初のときはことほど左様にちょっとばかり苦い思い出のものとなってしまった。 しかし演奏は彼の楽歴の中でも最上位に位置するものだ。

「サンデイ・ナイト・アット・ヴァンガード+5」(VE/Riverside)
「ワルツ・フォー・デビイ」(VE/Riverside)
「ポートレイト・イン・ジャズ」(VE/Riverside)

 <<= ページの先頭に戻る
 <<= Q&AのINDEXページに戻る

ビル・エバンス〜シリーズ@ 「デビュー当時の思い出」
大学3年の夏、私はニューヨークでマンデル・ロウ(gt)やレッド・ミッチェル(bs)と少し仕事をしていた。故郷を出て、本格的な演奏活動に入ろうと思っていたんだ。
そんな頃、ニューヨークのトニー・スコット(cl)から電話があった。
彼は「ハービー・フィールズのバンドでやりたくないか?」と言った。私は即座に引き受けることにした。そして大学を卒業すると、ハービー・フィールズのバンドと長いツアーに出た。
ハービーのバンドは7人編成で、それは当時人気のあったライオネル・ハンプトンと同じフォーマットだった。要するにハンプトンの「フライング・ホーム」風の熱狂的な、ただ単に強烈で騒々しい音楽を売り物にしたバンドだ。
一般にあまり知られていないが、ハービーは優れたミュージシャンを数多く輩出していた。
たとえば、タイニー・カーン、マックス・ベネット、ジミー・ノッティンガム、フランク・ロソリーノといったミュージシャンたちだ。一時はスタン・ゲッツも在籍していたことがある。
マイルス・デイヴィスは、ハービーのバンドで初レコーディングを経験したんだ。
とにかく私はハービーと約7ヶ月ツアーを続けたが、そのツアー中に軍隊に徴兵され、シカゴ近辺の駐屯地に配属された。3年間の兵役を終えると、故郷で1年ほど過ごした。
しばらくはニュージャージー一帯で演奏活動をしながら英気を養うことにしたんだ。
そして翌年(1955年)の春、ジャズの世界で成功するためにニューヨークに進出した。
 <<= ページの先頭に戻る
 <<= Q&AのINDEXページに戻る

ビル・エバンス〜シリーズA 「ルーツについて」
私のピアノ・スタイルのルーツはどこにあるのかって?
おそらくそれは、様々なジャズに耳を傾け、ダンス・バンドの一員としてアメリカ各地をツアーで回った経験に根ざしているのだろう。
それは、私が興味を持ったありとあらゆる音楽、要するにブルース、ラウド・ジャズ、ソフト・ジャズ、ダンス・ミュージックなどに由来し、融合しているのだと思う。 愚弟的な影響に関して言えば、私が育った音楽環境のなかに、より多くのルーツがあると思う。
それ以外の部分では、インプロヴィゼーションのプロセスに応じて演奏するという、まさに抽象的なチャレンジなんだ。 言い換えれば、臨機応変に演奏するということだ。
ただし、このプロセスにひとつのスタイルをある程度フィットされる必要がある。 それは、あらかじめ楽譜を書き、演奏する段階でアレンジを加えるというような手法ではない。 インプロヴィゼーションに関する一種のフィーリングを取り入れていく。 そうして全てが一体化し、即興という手法のなかで最高のものが生み出されるんだ。

ビル・エバンス〜シリーズB 「初リーダー作『ニュー・ジャズ・コンセプションズ』」
1956年当時としては、ベストを尽くせた素晴らしいアルバムだと思うし、今でも耳を傾ければ納得のいく作品だ。
たしかに多くの人が指摘するように、様々な影響が顕著になっているかもしれない。実際、私は多くのミュージシャンから影響を受けている。 中でも大きな影響を受けたのは、ジョージ・シアリング、バド・パウエル、そして言うまでもなくナット・キング・コールとアール・ハインズといったピアニスト、そして多くの無名のプレイヤーだ。
またディジー・ガレスピー、マイルス、スタン・ゲッツやバード(チャーリー・パーカーの愛称)のような際立ったミュージシャンたちの影響もずいぶんあったと思う。
彼らから影響を受けながら自分の個性を確立するということは、独特のスタイルを持った音楽的な新しい言語を発見するようなものだった。



ビル・エバンス〜シリーズC 「ピアノのテクニックについて」
私自身、キーボード歴は長く、若い頃からテクニックはかなり身についていたと思う。
私にとっては、ひらめいたアイデアを表現するというよりも、「アイデアそのもの」が問題だった。つまり、テクニック的な問題はそれほど重要なことではなかった。 問題は常に、いつ、どんな「きっかけ」をつかむかということなんだ。
テクニックに関する問題は、クラシックを演奏することによって克服した面もあるが、私は12歳か13歳の頃からプロとしてクラブのステージに立つようになっていた。 だから私のピアノテクニックはそれ以前の6歳から12歳までにクラシックを弾くことですでに習得していたものと、ジャズの仕事を通して様々な体験をしたことに基づいている。
また私はピアノで学位を取り、20歳からずっと軍隊にいた間も演奏を続けていた。 そして25歳のとき、ニューヨークに拠点を移した。その後の3〜4年はさまざまなレパートリーを演奏し、バッハやベートーベンやバルトークなどの作品に取り組み、猛練習をした。 もっとも、今ではクラシックはあまり弾かない。練習をしたいと思っているんだが・・・。バッハと2時間を共有するのは、かけがえのないことだからね。 それに練習は必要だと思う。指がひとりでに動くようになるんだ。


ビル・エバンス〜シリーズD 「クラシックとの関係」
私の音楽には、クラシックからの直接的な影響はほとんどない。 私の演奏やインプロヴィゼーションの大部分は、ジャズに専念し、ステージをこなすことによって培われたものだ。
だが、私の「美意識」はクラシックの影響を受けているのだと思う。 だから、一種のより洗練されたアプローチになるのだろう。
私の演奏はドビュッシーやラヴェルの色彩を帯びているとよく指摘されるが、それは私が使っているハーモニーの性質によるものだろう。
つまり、私は印象主義がとても好きだ。だが濁った不透明な効果を狙おうとは思っていない。 実際、努めて透明度を高めようとしているんだ。
この類似性についてはあまり考えたことがない。 なぜなら、私はただ直感のままに演奏しているからだ。


ビル・エバンス〜シリーズE 「スコット・ラファロへの思い」
私とスコット・ラファロ(bs)との出会いは、運命的なことだった。
ふたりともジャズの表舞台に躍り出ようと努力していた時期だったし、私はスコットが独創的ですばらしい才能の持ち主だと直感していた。 だから彼が、ポール・モチアン(ds)を加えてトリオを組むことに同意してくれた時は、本当に嬉しかった。
そして私たちはトリオとしての新しいコンセプトを確立しようとした。スコットは、私たちと出会う前に”すべて”を兼ね備えていた。
彼が実際に必要とし、私が必要としたものは、共鳴する対象、あるいはそれにコンセプト上の重要性を加味した背景だった。つまりそれが結果的に相乗効果をもたらしたんだ。
まず最初に、私たちはいわゆる「ジャズ特有の制約」に縛られたくないという点で意見が一致していた。たとえば「4ビートを遵守する」というような制約だ。 だから私たちは、常に互いの演奏に耳を傾けて、トリオとしてのサウンドを展開させていった。
事前に打ち合わせていたのは、演奏する曲目と簡単なアレンジだけで、それ以外はまったくのインタープレイだった。

HMVジャパン

ビル・エバンス〜シリーズF 「ピアノトリオについて」
ピアノ・トリオとは、私にとって最適な表現手段だ。
私はよく、トランペットやサックスを加える気はないのかという質問を受ける。だがホーン楽器をひとつでも加えれば、それによってグループとしての音楽的な判断は変わってしまう。 つまり私自身が音楽の流れを形作ったり、方向づけたりすることができなくなるだろう。これは私にとって重要なことだ。だから、たとえホーン楽器との共演を楽しんだとしても・・・・もちろん実際に何度も共演してきたし、その共演を楽しんだわけだが・・・
私は常に自ら音楽をコントロールしたいと思っていた。それができれば私は満足なんだ。トリオという編成は究極のスタイルだと思う。私は継続できるかぎり、トリオで演奏を続けるつもりだ。
とにかく私はピアノ、ベースにドラムスを加えたインタープレイが気に入っている。もちろんレコーディングの場合、サウンドはかなり変化する。トリオによる演奏や表現は、数日に一度ぐらいのペースで、変わるだろう。私たちはさまざまなフォーマットを試しているんだ。

HMVジャパン

ビル・エバンス〜シリーズG 「カクテル・ピアノ」と「ソロ・ピアノ」
エロール・ガーナーが「カクテル・ピアニスト」と呼ばれていたことは話に聞いているが、エロールがジャズ・ピアニストでなければ、ジャズ・ピアニストは存在しないことになる。
私にはよくわからないが、それは好みやニーズの問題だろう。長い間活動していればファンは自然に生まれるものだろうが、私のファンには「カクテル・ピアニスト」と「ジャズ・ピアニスト」を聞き分ける理解力があると思う。
私自身「ソロ・ピアニスト」という意識はない。特別な場合に限り、ソロで演奏するに過ぎない。
私は、ソロ・ピアノにおけるスタイルというものをまったく確立していない。だがソロで演奏する場合、おそらくグループではもう少しむずかしくなる独自の情感を捉え、もう少し音楽を探求する可能性が高まる。
それが時にはソロで演奏したくなる理由なんだ。

HMVジャパン

ビル・エバンス〜シリーズH 「エレクトリック・ピアノ」
実際にはレコーディングでしか使っていない。実は一台も持っていないんだ。
目新しくておもしろい「代用品」といえなくもないが、私はアコースティック・ピアノの「彩り」として以上の必要性を感じない。
エレクトリック・ピアノが私のアルバムにどれほどの効果を及ぼしているかということに関しては、ファンや評論家が判断すればいいだろう。
とにかく私はエレクトリック・ピアノを楽しんで演奏している。だが、長続きはしない。
つまり、しばらく演奏しているとすぐに飽きて、アコースティック・ピアノに戻りたくなってしまうんだ。

HMVジャパン

ビル・エバンス〜シリーズI 「最大の実験作『リヴィング・タイム』」
72年に録音した「リヴィング・タイム」は実験作といわれるが、決してそうではない。それほど斬新だったということだ。
私はジョージ・ラッセル(作編曲)を、ただただ敬服している。彼は優れた才能と完全性を持ち合わせている。
だから私は「リヴィング・タイム」でジョージとひとつのプロジェクトに取り組むことに大きな喜びを感じていた。だが私のファンの多くは、あのアルバムに違和感を抱いている。
それは、彼らが私の音楽性のごく一面しか理解していないからだと思う。彼らには私が新しい手法にチャレンジする喜びを満喫したってことが理解できない。 とはいえ、私自身、あの方向でさらに踏み出そうとしたかどうか、あるいはその後アプローチを変えようとしたかどうかについては、よくわからない。 私は純粋に、私自身の琴線に触れる独特の美を探究したいだけだ。そしてその結果、私以外の人々の心をも動かしたいと思っている。

HMVジャパン
 <<= ページの先頭に戻る
 <<= Q&AのINDEXページに戻る
Copyright(c) since 2003 HORIzon Official Website All Rights Reserved. Designed & Managed By EK
本サイトに掲載されている画像・文章など、全ての内容の無断転載、引用を禁止します。
HOME | Profile | Portrait | Schedule | PhotoGallery | Q&A | BBS | サイトマップ | Blog | Link