ジャズピアニスト|堀智彦|piano








JAZZ WORDS Q & A -【ジャズ雑学】
-- INDEX --
【ジャズ雑学】
ジョン・コルトレーン1  
※(注)本サイトに掲載されている全ての内容の無断転載、引用はご遠慮下さい。

テナー奏者のジョン・コルトレーンがソプラノ・サックスを吹くようになった理由
ふたつの説がまかり通っている。
ひとつはドラマー、アート・テイラーの話だ。
   ある時コルトレーンがタクシーに乗ったら、客席に忘れ物があって、それがソプラノサックスだったというのである。
コルトレーンはそれを持ってきてしまった。しかし聖人と呼ばれた彼のことだ、とても気がとがめたらしく、その後しばらくは仲間うちでソプラノサックスをなくした人がいないかどうか探りをいれていたという。
   さてもうひとつは、マイルス・デイビスの話だ。
コルトレーンは1960年の春にマイルスのクインテットを退団するが、そのしばらく前から彼はグループを抜けたいとマイルスに申し出ていた。しかしコルトレーンに去られては困ると思ったマイルスは引き止め策として彼が以前から欲しがっていたソプラノサックスをプレゼントしたのである。 マイルスに言わせれば「フランス・セルマーの最高級品をヤツにくれてやった」ということになるのだが・・・。
さあ、この話、当事者がこの世を去っている現在、真相は闇の中である。第3の説が飛び出してくるかも・・・?
「マイ・フェイヴァリット・シングス」(Atlantic)
コルトレーンが初めて本格的にソプラノサックスを吹いて録音した作品。

 <<= ページの先頭に戻る
 <<= Q&AのINDEXページに戻る
Copyright(c) since 2003 HORIzon Official Website All Rights Reserved. Designed & Managed By EK
本サイトに掲載されている画像・文章など、全ての内容の無断転載、引用を禁止します。
HOME | Profile | Portrait | Schedule | PhotoGallery | Q&A | BBS | サイトマップ | Blog | Link